カテゴリ:科学忍者隊( 39 )

8月24日は地蔵盆

平日だったため開設には参加できず。
だけど仕事終りに二箇所にお参りできました。
d0093903_10374983.jpg
東町一丁目
合掌する大人たちを不思議そうに見る子供が印象的
近年では新生児の生存率がすこぶる高くなっているので、子を失う親の悲しみや苦しみを語ることはなくなり、物質的にも恵まれ、飢える心配もなく、雨風しのげるだけでない快適な住居に住むのが当たり前となっている現代にあって、信仰というのはどんどん縁遠くなっていくのかなと思う。
だけど、人は死ぬ。
老いも若きも、死ぬのだ。
人間の死亡率は100%。
家族や知人が亡くなるのは辛く悲しい。
自分の力ではどうにもできないことばかりの世の中にあって、いつの間にか動いてくれている心臓や肺臓の不思議に目を向けて、食べ物の一切が命であって、石油さえも太古の命であることに思いを巡らせる時、毎日の生活が愛おしくなるのではないだろうか。
d0093903_10374940.jpg
冨士見町
中央で頭を垂れて合掌しているのは6年生のKくん。
宇宙の神秘や世界の不思議に興味津々で感覚も鋭い彼が、この先どのように成長していくのか楽しみ。

地蔵盆
お地蔵様とは?
地蔵菩薩とは?
墓地や参道や辻で六体並ぶお地蔵様は何故六体なのか?
インドでのお名前クシティカルバの意味は?
賽の河原ってどういう所?
どうして般若心経をお唱えするの?

このことについて幼い子供を持つお父さんに少しだけ話をしましたが、何もご存知ありませんでした。
だけど幼いお孫さんをもつ若いお婆さんはご存知でした。
子供との語らいのネタがテレビの娯楽番組由来だけじゃ勿体無い。
もっともっと子供と話そう。
家庭での時間が一番の教育になるんじゃないかと思う。
教え、育む、
そこには商業ベースの思考はいらない。

劣等感と不満だらけの自分だけど、それこそが唯一無二であって、その価値を膨大な方便でもって教えてくれることが信仰なんじゃないかなと思う。

山中温泉地蔵盆、ずーっと続いて欲しい。






 






[PR]
by matta_no_komeya | 2018-08-24 23:36 | 科学忍者隊 | Trackback | Comments(0)
d0093903_21104924.jpg


この映画、凄いです。
有名スタジオの京都アニメーションが製作しておりますが、そのクオリティは凄まじいまでに高いです。
個人的に京アニの作品では『手』の芝居が上手すぎるとよく思っておりました。
手というのはとても描くのが難しいのですが、そこに更にキャラクターの個性を乗せながら表情をつけて心理描写まで被せるなんて常人のなせる業ではないのです。
それが非常に上手い京アニにとってこの作品はドンピシャなのかもしれません。
この作品における『手』は非常に重要なツールとして描かれます。

凄腕のアニメーターさんが多い日本において、京アニ以外でもこの作品をアニメ化できたかもしれません。
ですが、単に優秀な技術だけではいい作品にはならないと思います。
ここには製作陣の熱い想いがあります。
説得力があるんです。

初めて観た時に『・・・凄いもん見ちゃった』って思ったのを憶えています。
近年、稀に見る秀作かと思います。

これがNHK(Eテレ)で放送されるってのがいい。
CMなんか入ったり尺の都合とかなんとかで内容をカットされようものなら台無しである。

一人でも多くの人に観て欲しいです。
特に夏休み中の若者諸君に見て欲しいと願う51歳の夏であります。


 
 










[PR]
by matta_no_komeya | 2018-08-18 21:33 | 科学忍者隊 | Trackback | Comments(0)

問答無用

d0093903_22205765.jpg
たまたま通りかかったところから見えた風景。

黙って、瞬き忘れて、しばし固まる。

美しいというのは凄いことなのだな。

 
 
 

[PR]
by matta_no_komeya | 2018-07-16 22:29 | 科学忍者隊 | Trackback | Comments(0)

11.24.23.39.1

d0093903_23572598.jpg

見にくいどころか、まぁほとんど見えない写真で申し訳ないのですが、栢野の気温表示が1℃になってました。
車は凍って、空には綺麗にオリオンが見える。

11月24日23時39分 気温1℃


キーんと冷えて、凍えそうな夜です。



[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-24 23:56 | 科学忍者隊 | Trackback | Comments(0)

なにがアカンのや!

13日の日曜日。
色々用事を済ませての帰り道。
ふと西の空を見ると
d0093903_2316676.jpg

大きなバッテンが!

頭ごなしに不合格をもらった気分(^_^;)

次の瞬間『俺たちひょうきん族』を思い出した50歳の夕暮れであった。

 
 
 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-13 23:14 | 科学忍者隊 | Trackback | Comments(0)
 とある会議への道すがら、鶴仙渓の紅葉は進んでるんかいなと思ってカメラ片手に歩いてきました。


って、近所の紫陽花の名所が!
d0093903_0125161.jpg

これ以上ないくらい殺風景になってました。

もみじはまだまだ青い
d0093903_0133624.jpg

昔、大きなウグイがうようよいた『クソウグイ谷』も今じゃ綺麗なもんです。
d0093903_015218.jpg

ふむ・・・桜は枯れて散ってるんだな。
d0093903_0155490.jpg

なんとなく獣の気配を感じて怖く感じました。
d0093903_0163693.jpg

水は静かに流れます。夏のBGMの蝉の声がないだけでこうも印象が変わるのか。
d0093903_020041.jpg

このカーブ、先が見えないので緊張するんだよね。まさか前から熊が来たりしないだろうな、的な。
d0093903_0213182.jpg



予感って、たまに的中するんだよね。

熊に出くわしたわけじゃありません。
そんなの洒落にもネタにもなりません。

ですが、ある生物と出くわしました。
見るのも嫌って人がいる生物ですので、この先はMore機能を使います。
見たい人だけ進んでください。

◆躍動する生命の本番かここから ← 見たい人だけクリック
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-10-20 00:59 | 科学忍者隊 | Trackback | Comments(0)

もう訳がわからないよ

フランスニースでテロ・・・
花火見物で賑わう中、大きなトラックが突っ込む・・・

たくさんの人間目掛けてアクセルを踏んだ犯人
銃まで使って更なる攻撃を撒き散らした犯人

家族や友人と、美しい花火に感激していたひととき
次の瞬間、家族が、友人が、無惨な姿に変わり果てている

犯人は何がしたかったのか

射殺されてしまったから、本当の動機は闇の中

人間は恐ろしい
人間が恐ろしい

一人の命を助けようと人生を捧げて努力する人がいる一方で
今回のような大量殺人に手を染める者がいる

人間って、なんなんだろう

なんか もう 訳がわからないよ



 
d0093903_07380368.jpg

[PR]
by matta_no_komeya | 2016-07-16 07:21 | 科学忍者隊 | Trackback | Comments(0)

強い南風が吹くと

今日は暑かった。

朝から南風が吹いて、7時で22℃もあった。
最近やたら目立つ強い風が今日も吹いた。

風が強い時は、海は波が立ち、荒れてくる、と思う方が多いと思う。
冬の日本海とイメージすると、雪まじりの冷たい北風と鉛色の空と高く凶暴な波、出てくると思います。
はい、その通りです。
強い北風が吹けば波が高くなるのですが、不思議なことにこの風が南風だと海は鎮まるのです。
かつてジャンキーアングラーだった頃の経験からそれを学んだのですが、気温と風に誘われて、久しぶりに加賀の海へ行ってきました。
d0093903_23182554.jpg

ほらね、べたべたのベタ凪でっしゃろ♪
この時、風はびゅんびゅん吹いてたんですよ。
振り返れば嵐の時の空模様。
d0093903_23194875.jpg

こんな時はルアーがよく飛びます。
ラインが余計に出て行くので着水と同時にヒットなんて時はフッキングが出来ず悔しい思いをします。
ですので、スピニングリールでもサミングをしてラインが出過ぎないようにしてやり、着水直前にスプールを指で弾いて戻してやります。

今は腰が痛くてキャスティングなんてできませんが、海辺を歩くのはかなり気持ちいことを再発見しました。
また来ようと思います。
潮風と漣と広い水平線。
空の青と海の青。
踏みしめる玉砂利の音。
そして時々ジェット機の爆音。

なんか嬉しくなって、つい海水を舐めてしまいました。

んー、しょっぱい

次は腰を治して竿を持ってこよう。
CPSの10ftにしようか、ブラックフィンの9.6ftにしようか・・・
腰の負担を考えるとSPSの8.6ftなんだけど、これでサーフに立つと不安になるんだよね(^_^;)

今回は専門用語が多い回。

まだラインシステム組めるだろうか。
オルブライトにビミニツイスト
ちょっとやってみるべ。

 
 
 
 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-05-16 23:31 | 科学忍者隊 | Trackback | Comments(0)
思うとこあって5月にアンドロイドの端末を持つようになりました。
機械を別に買って、SIMカードをDMMで契約した所謂格安スマホであります。

携帯電話は今まで通り折り畳み式を使っていて、スマホはデータ専用で使っています。
ヤフオクやブログなど、折り畳み式携帯電話でも十分できていたものがサービス終了するものが相次ぎ、自分の用が足りなくなっていたのと、預金講の中で私だけがLINEに入っていなかったので連絡がややこしいとの苦言をもらっていたことが持つに至った理由ですな。

いざ持ってみると、なるほどこれは便利である。
日頃からPCでネットをよくやる自分にとっては、これはもう携帯型PCと言ってよく、気になったことはすぐに調べられるし、自分好みにカスタマイズすれば益々快適になって、そして深みにはまっていく。
「なるほど、これは容易に依存症になるわ」
そう感じている次第。

ただ、幸か不幸か今の私は老眼進行中で、裸眼でスマホを操作するのがかなり億劫。
要は小さな文字が見えないってことなんだけど、これによって肌身離さず持ち歩くなんてことには至っていない。

そんなだから、LINEも登録はしたけれど、PC版を導入してPCで使うことが多かった。
フェイスブックみたいにオープン感がなくて適度なクローズド感が心地よく、それでいて大きな写真なんかも一瞬で共有できてしまう仕組みが不思議で、おまけに通話もできて完全無料。
今や世界で5億人が使っているというLINEだけど、このアプリ、何か引っかかる。
一番不思議に思ったのが、5MBほどの大きな画像のアップロードが一瞬だったこと。
いくら高速通信だなんだといってもブロードバンド環境でPCを使っている身からしても、その速さは異常だった。
まるで予めデータが送られていたような速さである。
そして何故無料なのか。
ソーシャルゲームなんかは無料で釣っておいてある程度以上進もうとすると課金せざるをえない仕組みになっていて、『ああ結局は有料なんだな』とわかるから安心できるんだけど、LINEはいつまでたっても無料である。
これほど多くのユーザーのアカウントを管理し、サーバーも含めて維持運営するには無料でできるわけがない。
アフィリエイトで稼げるにしても、それほど広告が目につかない。
運営側は何を収入源にしているのだろう。

もしかして、ユーザーの端末に入っている情報?

フェイスブックもそうだったけど、
「あんたのアドレス帳よこしなよ、友達探してあげるからさ」
的な図々しいお節介がLINEにもあるようだ。
こんなバカな話はない。
個人情報保護がうるさく叫ばれてる中にあって、個人情報無料収集が堂々と行われている。
その恐ろしさを今一度考える必要があると思う。
そしてそれが当たり前になってしまって思い上がったのか、LINEの恐ろしさを実感したのが次の画像である。
d0093903_1043441.jpg

私のPCのデスクトップ画像です。
LINEが起動してアップデートせよとのことだ。
その選択をするポップアップが画面中央に浮かんでいるこれ
d0093903_1045612.jpg

これ、確認のボタンしかないんだよね。
PCにインストールしているアプリケーションはオンラインで更新してくものが主流だけど、その場合は更新するか否かを選択するボタンがある。
ウィルスソフトみたいに自動更新を設定しておけば勝手に更新していくものもあるけど、普通はそうじゃない。
このLINEのアップデートは、確認以外に選択肢がなく、確認を押せば更新ファイルのダウンロードが始まってしまった。

こんな傲慢なアプリ、見たことない。

図々しくも人様のPCにズケズケと上がり込んできた。

私はインターネット歴15年になるけど、PCの世界でも違法アプリやスパイアプリが横行して、ウィルスとまでは行かなくても危険なフリーソフトがごまんとあるのを知っている。
だけど、それに対してうっかりインストールしないような仕組みも作られているし、選択肢を多くしてユーザーの勘違いを回避し、それでも被害が出た場合はそれこそ自己責任だよねと言えるようになっている。

スマホの世界は、無法地帯だ。

LINEに限ったことではなく、PCでよく利用するアダルトサイトなんかに行っても、地雷だらけだし、あっという間にワンクリック詐欺に行きついた。
ダイヤルアップ時代に海外サーバーにすっ飛ばされて泣く泣く国際電話料金を振り込んだ経験のある私にしてみれば、それらは幼稚で無視して構わない類だとすぐわかるけど、これを世間知らずの青少年が踏んだとしたら信じてしまうんじゃないだろうか。
ちょっと調べても振込先まで決まっているようで、うっかり払ってしまえてしまう。
無料のアプリもたくさんあって、いくつか導入してみたけど、それには使用するにあたって承諾しなければならない項目があり、それらは大抵『情報の提供』なのである。
無料の筈なのに購入ボタンを押す必要があったり、本当に日本人が作ってるのか?と疑いたくなる言い回しがとても多い。
折り畳み端末もそうだけどGPS内蔵で位置情報なんか簡単にわかってしまう。
マイナンバー制が始まれば、どこの誰が、いつ、どこにいたかなんて簡単にわかってしまう。
アプリを使えば市場調査が簡単に行われてしまう。

『どの地域で、どんな年齢性別の消費者が、どんな趣向で何を欲しているのか』
これはビジネス(金儲け)を仕掛ける側にとっては喉から手が出るほど欲しい情報なのだ。
これは恐ろしい時代になった。


PC版LINEは即刻アンインストールしました。
スマホはデータ専用機なのでこのまま使います。

使い慣れたら折り畳み端末をやめてスマホに一本化しようかと考えていたけど、それはまだまだ時期尚早なようである。


思春期のお子さんをお持ちの保護者さんへ。
スマホは「みんな持ってるから」なんて安易な理由で買い与えるものではありません。
親の責任で、その仕組みと恐ろしさを十分勉強し、理解する必要があります。
あなたの大切なお子さんが、見ず知らずのビジネスマンの餌食になる可能性が非常に高い。
以前も書きましたが、どこの世界に『子供に毒を与える親』がいるでしょうか。

切れ味鋭い日本刀を買い与えるつもりで考えなくてはなりません。
使い方を間違えるとこっちが傷だらけになってしまいます。

かのiPhoneの生みの親、スティーブ・ジョブズは、我が子には自身が開発したようなハイテクツールを意識的に使わせなかったことが知られています。
それは何故なのでしょう。






 
[PR]
by matta_no_komeya | 2015-07-11 11:15 | 科学忍者隊 | Trackback | Comments(0)

へー、そうなんだ

d0093903_16264979.jpg

写真は人んちのイチジクです。
無断撮影ばかりではそのうち捕まってしまいそうなので、今度はちゃんと承諾を得ました。

新緑の季節ということで、葉っぱが出てるのはわかるんですが、何故か既に実があります。
確かにイチジクは無花果と書くことから、花を咲かして果実を結ぶタイプではないのだろうと思ってましたが、こうやってまじまじと見ると、不思議な気分になります。
d0093903_16283449.jpg

調べてみれば、これ、花なんですってね。
あの紫色に熟した実を、割って食べますけど、その食べてる部分が成熟した花なんだそうです。
まあ花なんだがら、実なんだろうけど、なんとも不思議な植物です。

若くしてちゃんと実を結ぶ。
何か教えられている気がします。

早くに亡くなってもちゃんと花を咲かせた人。
長寿を誇っても花を咲かせられない人。
その差を生むのは何なのでしょう。
職業とか経歴とか収入とかじゃない。
学歴でもないし容姿でもないし丈夫な身体でもない。
もっと、万人に共通の根本的な何か・・・。

もしかしたら、人生はall or nothingなのかもしれないな。

  なーんて考えてしまっている昭和の日でした。
[PR]
by matta_no_komeya | 2015-04-29 16:36 | 科学忍者隊 | Trackback | Comments(0)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya