カテゴリ:自分ごと( 258 )

教わる

d0093903_21432163.jpg
自分がどれほど知識を整理して記憶しているかどうかは、人に教えるとよくわかる。
知ってるつもりや理解しているつもりになってることが、人に教えると浮き彫りになる。
不十分であることを思い知らされた時に、誤魔化さず、慌てず、認めて受け入れることが肝要なのだろう。
「あの~、これって・・・」
「はい???」
思いがけない疑問は刺激的だし新鮮だ。
不十分ということはまだ成長する余地があるということだ。
経済成長という言葉は嫌いだけど、自分の成長には興味がある。
ただ、若者のように伸びたり膨らんだりはしない。
いつの間にか付いてしまった錆を落とすように研いでいく。
これからは減らしながら落としながら成長していくのだろう。

うん、そんな風になれたらいいな。






by matta_no_komeya | 2019-02-15 21:57 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

脳の疲れ

d0093903_22120400.jpg
考えすぎは良くないと、様々な場面で言われますが、本当にそうだと思います。
坂を上れば次の坂が見えてきます。
いささか大変ではありますが、上っているのだから悪いことではありません。
ため息と多少の愚痴は出てしまいますが、それでも下り坂の恐怖に比べれば、楽しいとさえ思えてしまいます。

おい、おっさん、頑張れよ☆
 
 



by matta_no_komeya | 2019-02-14 22:15 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

2.14チョコの日

d0093903_21282053.jpg
我が家ではチョコのやり取りをしないのだけど、会社勤めをしていると女子従業員から義理チョコをいただきます。
といっても休憩スペースに置いてある袋チョコやキットカットなどがそれで、実に後腐れなく爽やかな義理チョコなのであります。

バレンタインデーなんてのを強く意識したのは中学生の時だったと思います。
あの頃は好きな女子がいて、その子に冗談めかしてチョコくれチョコくれと催促しまくったところ、2月14日の夜、とうとうチョコをもらったのですが、あろうことかその女子はチョコを投げてよこしたのです。
まあ二人きりじゃなかったこともあって、照れもあったのだろうと思います(と、思いたい。思いたいじゃないか!)
傍目には「松田はしつこく催促することによって女子からまんまとチョコを手に入れた」と思われていたはずですが、当の本人であるところのワタクシは、本当にもう、何て書いたらいいかわからないぐらいの有頂天でして、部屋に戻って一人きりで感動に打ち震えておりました。
そのチョコってのは、アポロチョコみたいなイチゴ味とカカオのコンビでして、小さなものが透明な円筒形の容器に入っておりました。
それがワタクシの宝物になったのは言うまでもありません。
ですが食品ですので保管し続けてダメにしてもあれなので、大切に大切に一つずつ食べていきました。
毎日一個じゃなくて数日おきに一個という食べ方で、しかも学校に行く前に引き出しから取り出して「今日も会ったら何か話せますように」と願いを込めて食べていたのですから、まーミドルティーン松田の乙女っぷりもたいしたもんです。
そのチョコは、中学を卒業するまで持っていて、ブルーム現象をおこして白くなってしまっても大切に食べていたと思います。

いやぁ、本当に素敵な思い出ですわ。

そんな彼女も51歳かぁ・・・・オバハンやなぁ~~~
 
 
 


by matta_no_komeya | 2019-02-14 21:48 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

あーん

d0093903_21160396.jpg
仲良しの男女が「あーん」とか言ってアイスクリームなんかを食べさせやんこする姿は微笑ましくもあり妬ましくもあるわけだけど、
歯医者さんに「あーん」と言われても微笑ましくもなければ妬ましくもない。
どんなに可愛い子に美味しいアイスを「あーん」ってしてもらっても、こっちがお腹いっぱいだったら迷惑でしかない。

適時に適量が一番なのである。

キャパ超えの仕事を振られた時にも「あーん」と言いたくなるが、それは哀れな泣き声である。
ワシのようなオッサンがあーんと泣いていたとしたら、それは滑稽であり、笑いのネタにしかならない。
とりあえず攻略方法を考えよう。
一人ぼっちじゃあるまいし何とでもなるだろう。
難易度が高いように思えても、街行く美人にアイスを「あーん」ってしてもらうより易しいのは間違いない。




 
  
 

by matta_no_komeya | 2019-02-13 21:30 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

反動

d0093903_21384163.jpg
件のフォトムービーが昨夜遅く出来上がった。
今朝の出勤前にクライアントに渡すことができました。
これで完成となるか修正が必要かはまだわからないけれど、今日は虚脱しちゃってるので休ませてもらおう。
しかし、こんなに苦労するとは思わなかった。
ちょっと前にやったことがあるからといっても、普段からやってないことというのは、思うようにできるものではないのだな。
やはり何事も日々の鍛錬が大切なのだろう。

今日はショッキングなニュースがあった。
水泳の池江選手が白血病とのこと。
それを聞いて真っ先に思ったことはここには書かないけれど、次に思ったことは骨髄バンクに登録しなきゃってことだった。
以前から気にはなっていた骨髄バンクだけど、献血みたいに手軽じゃないし、多くの方の理解と協力がないとできないことだと思っていた。
だけど、だけどなのだ。
 
 
 

by matta_no_komeya | 2019-02-12 21:49 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

どうにも進まぬのだ

d0093903_13180249.jpg
Windows Movie Makerを使ってフォトムービーを作っているのだけれど、
これがまあよく停止するんですわ。
昨日みたいなブルースクリーンまではならないけれど、動作を停止しましたとダイヤグロ紋付が頻繁に出てきては作業が中断する。
メモリ不足を疑ってみたり、再インストールしてみたり、いろいろやっても症状は変わらず。
マシンの基本性能がどうのという話になってはどうしようもない。
再起動数回やって集中力がぷっつり切れました。

で、リフレッシュ落書き本日二回目。
ちょっと休憩しよう・・・
あ、お昼ご飯食べなきゃ・・・
いや、ここは総湯か?

うん、総湯だな。
 
 
 



 


by matta_no_komeya | 2019-02-11 13:23 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

建国記念日なので

d0093903_09144927.jpg
昨日進めていたフォトムービーですが、BGMの位置を調整している途中にまさかのブルースクリーン!
いつぞやも記事にしましたが、パソコン使っていて一番恐い現象が起きてしまいました。
ただ今回はスムーズに再起動できてHDDの動作を確認して、もう一度再起動して復活しました。
被害がないわけじゃなく、作っていたフォトムービー関連のデータが保存されてませんでした。
まあ振り出しに戻ってしまったわけですが、パソコンが逝ってしまうことに比べたら屁でもありません。
現実逃避の落書きも今日は朝に済ませて、また頑張るだけです。

新しくて高性能なパソコン・・・欲しい。

 今日は建国記念日です!
不束者の私ですので家に国旗をあげることもせずにパソコンに向かっております。
というか国旗を持っていなかったりします(反日でも非国民でもありません!)
ですので、ここで・・・
d0093903_09144694.jpg

 

 

by matta_no_komeya | 2019-02-11 09:25 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

雪 来ず

d0093903_20171117.jpg
2月10日、日曜日。
寒いけど、雪も少し降ったけど、朝の積雪は2~3cmってとこで、それ以上は降らなかった。
とても楽である。

件のフォトムービーに漸くとりかかることができた。
動画と静止画の組み合わせも道筋が見えて、BGMの被せ方もなんとかなりそうで「完成」のイメージができるようになった。
なのだけれど、ここからが厄介なんだ。
既存の映像と静止画、それも一日に起きた出来事をまとめるのではなく、時系列の幅は60年以上あるネタたちをどう並べるか。
そこには嫌でもストーリーが生まれてくる。
見る者を納得させるだけの順序が揃ってなければならない。
これが難しい。
写真の数々には日付が入っておらず、写っている人物の見た目で年齢を推測し古い順に並べる。
ただそれだけだと面白くないんだよなぁ。

でも、下は向くまい、後ろも見ないぞ。
腹帯をキュッと締めて、進んでみよう。
っとその前に老眼鏡、老眼鏡・・・
 
 


by matta_no_komeya | 2019-02-10 20:28 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

抑圧

d0093903_22111434.jpg
 仕事中、ほぼ同時に複数から問われることがある。
経験の深浅、就労時期の長短などからその人その人に相応しいと思う内容で答えているつもりなのだが、疲れてくるとついつい雑になってしまう。
人それぞれ能力とか性格とかの違いがあって、同じ事を話しても受け取り方はまちまち。
こちらに悪気がなくても怒られたと感じてしまう人もいるだろうし、多少きつめに叱ったつもりでもケロッとして笑ってる人もいる。
毎日が試されている。
最近見たアニメの中に「人生って優しくなるためにあるんだと思います」という台詞があったのを思い出した。
昨日よりも今日、今日よりも明日の自分が少しでも優しい人間でありますように・・・と。

本当の優しさは厳しさを伴うと思っていた。
その人の為になるのなら厳しいことも言わなくてはならないと。
だけど、それって望まれてはいないんだよな、と最近になって漸く気がついた。
就労に対する価値観も、真面目のレベルも、自分自身への評価も、本当にまちまちなんだ。
 我慢を伴う優しさは自分に優しくない
 自分の価値観の押し付けは相手に優しくない
おっちゃん、就労二年目にして変な事で思い悩んでおります。
もっと暢気に労働して若者たちのお荷物にならない程度にガンバルつもりだったのになぁ・・・

 
 


 

by matta_no_komeya | 2019-02-09 22:27 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

疾風

d0093903_20375421.jpg
 今日、ある若者と握手をした。
今週の月曜日から職場体験に来ていた青年だ。
彼には障害があり、通常の就職が難しいとされていた。
なるほど独特の感覚をお持ちのようだ。
だけど、毎日きちんと決まった時間にやってきて、大きな声でしっかり挨拶してくる。
日に日にその青年のピュアさが染み込んで来るようだった。

そして最終日の今日、夕方の別れ際、さらさらと私の似顔絵を描いてくれた。
d0093903_20461820.jpg
何の躊躇もなく数秒で描き上げたボールペン画。すげー上手い。
他の職員の似顔絵も同様にさらさらと描いてたけど、どれもみな絶妙な上手さで、大笑いする者、拍手する者、宝物でももらったかのように大事そうに仕舞う者、それぞれが皆なんとも言えず嬉しそうにしていた。
そして握手をして別れた。
その手の感触が今もしっかり残っている。 


世の中って不思議だ。
社会って何なんだろ・・・
多数派が構築した社会には少数派は生きづらい
だけど、この身につまされるような心苦しさは何なのだろう
ほんの数日一緒の職場にいただけの彼だけど、
何の計算もなく純真なままの彼は、まるで浄玻璃の鏡のように、私の汚さを映してしまったのかもしれない。

届くもの
届かないもの

誰にでも等しく降ってくるものがあったとしても、それに気付かなければ受け止めることはできないのだろう

そういや、最近空を見上げてないな・・・





 
 



by matta_no_komeya | 2019-02-08 21:08 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya