人気ブログランキング |

セシウム

d0093903_14474160.jpg

セシウムセシウムとやたら見るし耳にする。



セシウムばかりが放射性物質じゃあるまいに。


セシウムが出なければ安全…って雰囲気を作るのに必死や。



ナウシカの台詞に
『汚れているのは土なんです。いつ誰が世界をこんなふうにしてしまったのだろう…』

というのがあります。


未来の子供たちの苦悩の種が、今 まさに蒔かれようとしている。いや、もう蒔かれたか…。



ナウシカ、ごめんよ。
トラックバックURL : https://matta3.exblog.jp/tb/15948186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 桂木町から at 2012-05-31 18:04 x
セシウム(正確には134だの137だのと種類が分かれる)が出ないなら、セシウムがあればある可能性がある他のもの(ストロンチウムはセシウムに対し、存在する可能性は数百分の一~数千分の一となる)の存在が類推できます。セシウムはそれだけ量が多い。すぐに消えてしまうヨウ素は更にその何千倍。

私は極端な考えだと思われるでしょうし、嫌悪を抱かれるかもしれませんが、人の無知に付け込んでいたずらに放射能の害を過剰に喧伝し、ガレキ受け入れのようなものをまるで被災地を侮蔑するような言葉で反対している反原発派連中(=赤軍だの中核だのの生き残り!)が許せない。珠洲原発に反対していた昔の日々を返して欲しい。アンナ奴らに煽動されていたなんて青臭すぎて恥ずかしい。
これが今の私の本音です。
Commented by 桂木町から at 2012-05-31 18:12 x
https://www.pref.ishikawa.lg.jp/hokan/activ/h21/documents/21-t01.pdf
http://jolisfukyu.tokai-sc.jaea.go.jp/fukyu/mirai/2006/7_6.html

これらを参考になさってください。1960年代半ばのお生まれであれば、相当量「被曝」していたはずです。石川県、福井県は相当多かったようです(金大が調査した図があったはずだがどこにあったか忘れました。茨城県東海村での計測の数百倍の量のセシウム、プルトニウムが1970年代に大陸から飛んできて蓄積したのです)。10年前の流行のダイオキシンもなかなかの物だった時代です(1974年ごろが全盛期)
Commented by matta_no_komeya at 2012-06-01 01:16
桂木町からさん>
いらっしゃいませ。
東北の津波被害の瓦礫がとんでもない量なのはわかるし、復興の妨げになってるのもわかるんですよ。
私なんかは文系崩れなんで、特に科学の知識もないですが、放射能って目に見えなくて、なんでも貫通して、帯磁するみたいにどこにでもくっついて、そこからまた発せられて、数十年なんかじゃ消えないもの、って感じで捕らえています。
福島の影響は瓦礫よりも関東全域の土壌と太平洋がもっと深刻なはずなんですが、ぼやんとしています。

話は違いますが、ヨーロッパの観光地で何気に放射線量を測ったらとんでもない数値が出たなんて話を聞いたような・・・

結局は何も知らされないまま事は進んでいくのです。

黄砂にしても、あの中に何が含まれているのか分析して発表して欲しいですわね。

大陸の大国がアレだとかコレだとか騒いでいるくせに、黄砂は吸いまくって、日本海の汚れについては何をどうみて何を信じればよいのやら。

私個人としては、環境汚染よりも人心荒廃の方がヤバいと感じています。
レディガガのコンサートを中止させた国がありましたが、私は密かにその判断に賛同しています。
by matta_no_komeya | 2012-05-30 14:47 | Trackback | Comments(3)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya