週末の天気が心配である

例年になく暖かで穏やかな正月を迎えた山中温泉でしたが、とうとうそれも終わって冬本番がやってくるようです。
d0093903_09130446.png
画像は日本気象協会の天気予報サイトから今日はともかく、明日から明後日にかけてが非常に怪しい。
土曜の夜から日曜いっぱい雪まみれの予報。
気温が氷点下にならないようなので湿った重い雪ばかりみたいだけど、余計に処理に困るんですよね。

さて、この土日の雪はとても心配。
なぜなら日曜日に山中スタンプ会の一大イベント『初夢抽選会』があるのですもの!
d0093903_09281518.jpg
2011年にも大雪になったことがありました
あの時も本当に冷や冷やしたものです。

1月15日(日曜日)
どうか雪が少なく済みますように。
当日、沢山のお客様で会場がいっぱいになりますように。
雪を融かすぐらいヒートアップしてくれると嬉しいんだけどなぁ☆
外れなし!
一番少なくても1.2倍に肥大する当たりだらけの抽選会!
3等で2倍に肥大
2等で6倍に肥大
1等だと20倍に肥大・・・なんだかわけがわからなくなってきたぞ(^_^;)
特賞に至っては60倍に肥大・・・???
ニコニコ賞のドクタースリープは2万円もする超高級枕なんデス。
世の中ダイエットブームですが、正月ぐらいは餅食って太りましょう!
山中スタンプ会初夢抽選会
お一人様、5枚まで引けます!
奮ってご参加くださーい!
d0093903_09131552.jpg






[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-01-13 09:45 | ニコスタ! | Trackback | Comments(0)

あおい

今朝はなかなか明るくならない。
冬至から二十日しか経っていないんだから無理もないんだけど、今日は特別暗く感じる。

分厚いんだろうなと、どんよりとした曇り空を眺めてみると不思議な色彩。
曇り空なのに青いのです。
d0093903_07455321.jpg

雲の切れ間から青空が覗いているのかと思いましたが、どうも違うようだ。

雲が青い。
こんな空は珍しい。

今日は成人の日だそうだ。
1月9日なのに成人の日。
違和感しかない。

更に加賀市の成人式は4月。
これも違和感が拭えない。



雪の1月15日に山中文化会館であった成人式が懐かしい。
着慣れないスーツを着て、見慣れないスーツ姿の同級生と会う。
あはは、
妙に懐かしい。




[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-01-09 07:40 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

顔考

d0093903_22463540.png

私のような素人が人物画の練習をするとき、ついついやってしまうのが「顔」だけを描いてしまうことであります。

顔は表情の宝庫でありますし、可愛いとかカッコイイとかのパッと見のキャッチーさを出すのにとても有効ですから無理もないのかなとも思います。
漫画やアニメの好きなキャラクターを描こうとすると、どうしても顔の印象が強いので、顔ばかりを真似て書くことが多くなります。
私もそうでした。
結果として、全身を描いてみると実にバランスが悪い。
全身の骨格、特に手足の表情というものを蔑にしてきた(つもりはないのだが)ツケというかバチというか、まあそんなこんなで変な苦労をしているわけであります。
そのせいか分かりませんが、アニメや漫画の見方がちょっと変わってるみたいです。
特にアニメは最小限の線で描かれていますので、一本の線の説得力が絵描きさん(アニメーター)の画力を如実に表して、実に感動的なのであります。
勿論アニメですから動かし方こそ重要なのでしょうけれど、静止状態の説得力になんとも言えない魅力を感じてしまいます。
有名スタジオのシャフトさん制作の物語シリーズは好きでよく見ていたのですが、その中で「上手いなぁ」と感心したのが恋物語でのこのシーン。
d0093903_22474743.jpg

羽川翼が立って喋っている場面を天上辺りから見ているという構図。
これが、すげーなーと思った絵。
背景じゃありません。羽川さんの描き方が凄いんですよ。
凄いと言うか、本当に上手い。
やっぱプロって違うんだなーと痛感。
この場面はこれの他にもう一つだけポーズがあって、それがちょっと混じるだけで更にこの簡単な線に重みを感じることになります。
d0093903_22475326.jpg

人間ってただ立ってるんじゃないんですよ。
右足と左足のどちらかに重心を置いて、それを時々入れ替えて立っているんですよ。
両足に均等に体重をかけて立つなんてのは余程の緊張状態であって、普段通りの精神状態であれば大抵は左右交互に体重をかけて体をリラックスさせているものなんですよ。
この小さな絵には、それがちゃんと描かれている。
初対面であるところの詐欺師と対峙していながら、特に緊張もせず冷静に堂々と渡り合っている羽川さんの化物っぷりもちゃんと描いている。

二次元に描いたキャラクターに体重を感じさせる、ってのが本当に難しいんです。
この場面を描いたアニメーターさんがどこのどなたなのか特定はできていませんが、シャフトさんには凄腕の職人さんが数多くいらっしゃるのでしょう。
感服であり敬服でありますm(__)m

さてさて、
まぁ凄い人の凄い作品を堪能するという楽しみは大切にとっておいて、私は素人なりにストイックな向上心など持たずに、楽しくペンタブと戯れるしかないので、顔を描く楽しみに浸ることができます(開き直り)

そしていつも思うことなんですが、顔の表情って、眉毛ひとつでどうとでもなるんですよね。
表情というか感情表現というか、本当に不思議なくらい眉毛の影響が大きすぎると思います。
そして男女の描き分けは髪形でどうとでもなるんですよ。
例えば、これ↓
d0093903_22464731.png

無表情な少年っぽい。
これから髪の毛と眉毛を省くとこうなります↓
d0093903_22465344.png

下がった眉毛と長い髪を被せるだけで気弱な女の子っぽくなります↓
d0093903_2247460.png

眉毛を釣り上げれば怒ってるような表情になり、短いおかっぱで男女の区別が曖昧になります↓
d0093903_2247109.png

なんとなく線を足して目に光彩を入れると途端に表情がイキイキしてくるように思います↓
d0093903_22472153.png

意思の強そうな少年(少女)って感じでしょうか。
そしてこの子の眉毛だけを描き変えて下がり眉にするだけで、まるで性格が変わって見えます↓
d0093903_22472846.png

眉毛、恐るべし。


近頃ピクシブなんかを徘徊するようになりましたが、世の中、プロ級の腕前の素人絵師さんがうじゃうじゃいるんですねぇ。
中にはそうやっているうちにお仕事にありつけてプロになっていく方もおられるようで、それも当然だろうなというレベルなんだから、本当に凄い。
私は着物が好きなんですが、その柄を描くとなったら途端に目眩に襲われます。
ですが、世の絵師さんは、ちゃんと柄も小物も描いているんですよ。
本当に凄いと思います。
いつか腕前と根気が繋がったら、ちゃんとした和装を描いてみたいと思う夜でした。
d0093903_22473426.png

 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-01-08 23:16 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)
今日は消防出初式でした。
昨年は消防署のお世話になりまくりましたので、心を込めて御美喜をm(__)m
夏に姉が救急搬送
同じ月にワシが救急搬送
暮れに親父が救急搬送
更に親戚が火事で大出動と、まあ大変な年でありました。

その前の年には嫁が救急搬送され、息子は小学2年の時に救急搬送されております。
これだけ救急搬送経験者の多い家も珍しいのではないでしょうか(^_^;)

消防署の皆さん、消防団の皆さん、本当にありがとうございますm(__)m
これからもよろしくお願いいたしますm(__)m

ってことで、夜勤生活&腰痛悪化で活動の殆どに参加できなくなっていますが、今のところまだ消防団員である私は、今日の出初式に御美喜受付という役目で参加させていただきました。

夜勤明けなので遅刻です。
色彩に乏しい冨士見町通りを歩いていきます。
d0093903_1965240.jpg

山中座横の旧山中町水道局が受付です。
d0093903_1974012.jpg

この場所は、こいこい祭りの祭典本部の場所にもなるので山中温泉の行事には欠かせない場所であるのですが、通常は加賀市消防団第4方面山中第2分団のポンプ車を格納する車庫なのであります。
いざとなったらここからサイレンも勇ましく真っ赤なポンプ車が出動しなければなりませんので、どうか皆様、この前に路上駐車されないようお願い申し上げますm(__)m

御美喜のお引きは真言宗高野派準別格本山国分山醫王寺(お薬師さん)の防火御札です。
d0093903_1920561.jpg


加賀市役所での合同出初式を終えた第4方面の分団員が揃い、軽快なラッパ隊が奏でる音色に合わせての入場行進です。
d0093903_19113921.jpg

来賓の挨拶をいただき、いよいよ放水!!
d0093903_19122198.jpg

お!ムラタさん!今年も山中温泉のナイスな写真お願いしますヨっ(^.^)
d0093903_1913969.jpg

今年は雪も無く、気温10℃で例年にない穏やかなコンディションでした。
ですがこの風もない穏やかな条件が、裸放水に参加した褌団員にとっては、放水された水がどこにも行かずにまともに降り注ぐという現象をもたらし、なかなかキツイものだったようです。
私も初老の時に褌団員になりましたが、あれはあれでいいもんです。

片付け済んで分団車庫が普段のスペースに戻りました。
d0093903_19171851.jpg

各分団員の皆さん、消防署員の皆さん、お疲れ様でした。

この後、二分団の団員とポンプ車は希望されたお宅へ出向いての防火祈念放水に回ります。
その間、私は車庫でお留守番。
14時近くになって解散となりました。

さて、ちょっと帰って体力の回復を図らねば。
来年は団員じゃなくなってる予定なので、なんとなくしみじみな出初式でした。
 
 
 
[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-01-08 19:22 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

びっくり初め

今年の初夢は全く覚えておりません。
いろいろな今年初があったのでしょうけど、特に意識せずに今日まできてしまいました。

そんな中、コンビニでコーヒーと一緒買ったこれがあまりに美味しいのでびっくりしました。
d0093903_19351231.jpg

ダブルナッツチョコ。
この歯ごたえ、病み付きになります。
木の実とチョコレートなので食べ過ぎれば太るのは目に見えているので、時々しか食べられませんが、これは私のツボでした。
バレンタインデーのチョコはこれでお願いします。
と言っても誰もくれないので自分で買いに行きます。


今、お気に入りのアニメは「3月のライオン」です。
NHKで土曜日の夜に放送されています。
最近のアニメは、本編⇒エンディング⇒次回予告の次に、エンドカードと呼ばれる、その作品の登場人物を、全く無関係な漫画家さんやイラストレーターさんが描いた一枚作品で締めくくるパターンが多く、この3月のライオンも同様の流れです。
昨年、ここに巨匠ちばてつや氏の作品が出たときも驚きましたが、今夜の放送のそれは「えっ?」と声が出てしまうほど驚きました。
d0093903_19431090.jpg

なんとVOFAN先生です。
西尾維新さんの代表作「物語シリーズ」の表紙絵と挿絵とアニメの基本キャラデザインをされているVOFAN先生が、3月のライオンに登場する川本ひなたちゃんを描いておりました。
氏の作品は神秘性と可愛さとリアリティとを不思議な色彩で描くとても美しいものでして、私は大好きなのであります。
思わず画面を撮影してしまいました。
こんな透明感のあるイラストが描けたらどんなにいいだろうと思わずにはいられません。

ダブルナッツチョコとVOFAN先生のエンドカード。
「へ~」と「えっ」
種類が違うのでこの二つをもって驚き初めといたしましょう(^^)
 
 
 
 

 
  
[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-01-08 01:35 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

牛すじカレー

去年、圧力鍋を買った。
欲しい欲しいと思いつつ、どれがいいのか分からず買いあぐねていたけど、アマゾンのレビューを頼りにパール金属製のものを買ってみた。
ン十年前に我が家にあった圧力鍋は重い分銅が特徴的な不思議スタイルだったけど、これはとてもシンプル。
ステンレスもしっかりしてて値段に見合わない高級感があって嬉しくなる。

これで豚の角煮を作りたかったんですよ。
作りたかったというか、食べたかったというか。
ま、それで作ってみたところ、とても美味しく出来たのですが、二度三度と食べたくなるものではありませんでした。

そこで次に作ってみたのがカレー。
水を入れて火にかける。
秘伝のエキスと濃口醤油とローリエとお酒を入れる。
生姜の擦りおろしをたっぷり入れる。
お肉を適当なサイズに切って入れていく。
そのうち沸いてくるので灰汁と余分な脂をすくい取りながら基本スープを作る。
そこに玉ねぎをザクザクと切って入れていく。
・・・玉ねぎは本当ならみじん切りにして40分ほど炒めて飴色にしてから入れるものなんだけど、圧力鍋の最大の魅力である『短時間調理』を信じて生のままどんどん玉ねぎを入れていく。
念のため臭み取りの為にナツメグを少々。
そして蓋をして加熱。
最初から火にかけているので直ぐに沸いて蓋の空気弁が閉まる。
そのうちヒ~―――という音と共に蒸気が勢いよく噴き出してくる。
こうなったら圧力調理開始なのであります。
そして約10分で火を消し、放置します。
重厚な構造の為保温性能が高く、一旦高まった圧力はなかなか下がりません。
20~30分ほど放置して漸く圧力弁が落ちて蓋を開けられるようになります。

鍋の中は、とても静かに整っています。
入れた食材が入れた時のまま整然とそこにいるのです。
気圧が高くなると沸点も高くなるので、ぐらぐらと煮えるようなことが起きないみたいなんです。
ですがしっかり加熱されていて、玉ねぎはトロトロです。
カレールーをS&Bとハウス、あればその他もミックスして投入。
スパテラで撹拌しながら弱火で過熱します。
それをしているうちに玉ねぎはどんどん形を失って消えていきます。
10分ほどして完了。
別の軽い蓋をして馴染ませる為に2時間以上放置します。
そのまま食べても美味しいのだけど、具材とスパイスと調味料が馴染むにはどうしても時間が必要なようです。
調理時間としては驚異的に短いので、圧力鍋でのカレー作りは最高ですな。

このやり方で何度も作ってきました。

お肉を変えるとそれだけで味わいが変わって面白く、鶏の胸肉も圧力鍋効果でホグホグに柔らかくなってうまうまです。
でもやっぱりお気に入りは牛すじ。

今日も牛すじで作りました。
d0093903_19513130.jpg
握り拳大の大きな玉ねぎを7個使用。
押しても凹みません。
たっぷりです。
この下に牛すじ肉800gが隠れています。
d0093903_19514469.jpg
圧力調整は二段階あって、1が弱で2が強。
1の右は圧力抜きなので調理中に操作するのは危険なので厳禁。
d0093903_19515271.jpg
三日煮込んだ本格派じゃないけれど、十分おいしい牛すじカレー。
自分で作ってて言うのもアレだけど、本当に美味しい☆☆☆
明日はもっと美味しくなっている(確証)
ラッキョウは市販のものを白山酢で漬け直したセミ自家製。
爽やかな酸味と唐辛子の辛みが効いてて嫁に好評。

 さて、牛すじカレーは美味しいよ、というアピールを今年の年賀状でもやってる私。
d0093903_21140440.jpg
山中温泉水無山スキーリゾートというでっち上げワールドな年賀状。
d0093903_21443170.jpg
Aランチが牛すじカレーです。
スープとサラダ付きで780円です。
Bランチのこにくカレーは鶏肉のせせりソテーがトッピングされたレア物です。
d0093903_21143956.jpg
華音ちゃんはちゃっかりカレー持ってます。
ハガキサイズだと細かくて分かりにくいですけど、カレー美味しいアピールが熱心です。
これはカレー食べたいアピールだったのでしょう。
今日、やっと作ってやっと食べれた牛すじカレー。
やっとお腹にコツンときました。


さてさて。

ぜんざいも美味しい季節ですなぁ・・・
次は圧力鍋で小豆を煮てみようかな♪

 
 
 
 



[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-01-05 20:06 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya