カラスエンドウ2017

今年は天候に恵まれ豊作となっております。
d0093903_08472835.jpg
太くて長くてまっすぐです。
立派です。
これはまだちょっと若いのですが、あと数日で鳴らし頃に至ります。
豊作なのでより取り見取りなのですが、環境が変わったせいで思う存分鳴らせなくなりました。
これをジレンマと言うのでしょうなぁ・・・ 
 
 
 
 


[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-05-08 19:46 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)
生活環境が変わって初めての5月。
世の中はGW(ゴールデンウイーク)ってことで仕事はお休み。


・・・あはは、連休だぁ

世間ズレしてきた私には何がなんだか、何をどうすれば状態で毎日が消化されていくわけでして、はい。
そんな中、3日に山中温泉漆器祭に行ってみました。
d0093903_08292880.jpg
一通り見て回って、TさんとこにGさんがいて話してたら丁度欲しかったものが目に入ってきて購入。
湯の本町ではテントの出店があったりしてなかなか賑やかでした。

5日には栢野の大杉&草だんごから始めて山中の新緑が濃くなってるのを体感し、白山神社春季例大祭の神輿巡航に防犯交通推進隊として付いて回りました。
d0093903_08343243.jpg
d0093903_08343653.jpg
d0093903_08344448.jpg
写真は湯の本町の山海堂さん。
氏子さんも世代交代が進んでいて、中には私の一級年上の方がいたりしてびっくりしました。

6日はカレーの日。
いつもの圧力鍋で玉葱たっぷりいっちゃいます。
d0093903_08344729.jpg
今日のルーは三種混合。中でも目玉はハウスの印度カレー!
これがとても美味しいのですよ。
インド料理店で出てくるあの独特なスパイスの香りが~的な物じゃありません。
なんと言いましょうか、古式ゆかしいと言いましょうか、
私が若かりし頃、料理の勉強をしていた頃に習ったものを彷彿とさせるんですよ。
缶缶に入ったカレー粉を小麦粉と合わせて、ラードで飴色に炒めた玉葱と合わせて作ったルー。
準備しておいたブイヨンに入れてじっくり煮込み、余分な油脂を灰汁と一緒に取り除き、寸胴ごとオーブンに入れて加熱して作ったあれ。
昭和のカレーの風味が色濃く残っているのが名作「ハウスの印度カレー」なんですな。
これだけでも美味しいのですが、他に二種類入れてうちのカレーっぽく仕上げます。
d0093903_08392407.jpg

さーて、連休明けは覚えたばかりの仕事が抜けた身体に鞭打って頑張らねば。
連休って、何なんでしょうね??
 
 
 




[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-05-06 23:25 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

新緑萌え ~ダム~

今日は朝から晴れました。
新緑探索は近所でもできるんですが、今日は大聖寺川上流のダムまで行ってみました。
d0093903_15053924.jpg
我谷ダムです。
満水です。
グリーングリーンです。
d0093903_15054034.jpg
福井向きに少しいったところの風景。
いやぁ~、グリーングリーンです。

向きを変えて九谷ダムへ
d0093903_15054071.jpg
ここも満水です。
我谷ダムより山が遠くて雰囲気がまるで違います。
d0093903_15054094.jpg
日置大橋から見えるグリーン。
目が癒される・・・ような気になります。

このあと、県民の森を経由して東谷へ下りていきました。
透き通った水がキラキラと流れる渓流はいつ見ても綺麗ですし、場所によってはまだ木蓮が咲いていたりして春到来のタイムラグを感じられて面白かったです。
d0093903_15054011.jpg
こんな場所ができていました。
あいおす?
Aratani
Imadachi
Ooduti
Suginomizu
ってことなのかな?

色々なところが色々変化していました。
地元でありながら知らないことばっかです。

しかし、今日は暖かい。
洗濯物が良く乾きます♪
 
 
 
 


[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-04-30 15:16 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)
 二胡の調べに乗せて、心がほっこりとするお話の朗読を楽しむ「ほっこりコンサート」が7月27日に開催されます。
場所は山中児童センター3階会議室で、入場無料です。
二部構成になっていて、第一部は「ほっこり」ミニコンサート、
第二部は秤耀子先生と宗玄カズヒロさんによる「新山中節」の踊り体験です。
こいこい祭でお馴染みの「新山中節(新こいこい)」の踊りの振り付けは秤先生がされたもので、
歌と踊りの考案者のお二人が揃っての踊り体験(踊り教室)は貴重です!
見よう見まねもいいけれど、一度元祖を知っておくと本番に参加するときもより入りやすくなることでしょう。
あれは参加してわかったのですが、かなり気持ちいいんですよ。
なんとなく遠慮していた方も、ほっこりコンサートに参加してみるといいですよ~
d0093903_21345557.jpg
チラシの最下部にバナー広告みたいに入っているのが「第二回山中節聞きくらべ会」の告知です。
同じ日に同じ場所で開催ですが、時間が違います。
ほっこりが13時からで、聞きくらべは15時から。
まるで別の行事なのですが、参加して楽しむ側にとっては何かと好都合な同日開催ですね♪
 
 




[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-04-29 22:26 | 山中温泉ゆけむり倶楽部 | Trackback | Comments(0)

山中節聞きくらべ会

今年は山中節関連のイベントが色々開催されます。

山中節といえば山中温泉に伝わる民謡であります。
芸妓の舞い、お座敷芸、こいこい祭と様々な場面で見聞きするのでとても身近な存在なので特に何も思いませんけど、
この山中節は全国に数ある民謡の中で抜群に美しいといわれる名曲なのであります。
特に伝説の芸妓、初代米八が完成させたといわれる正調山中節は、民謡を志すものにとっては大きな目標ともいえる難曲としてその名を轟かせているのであります。
歌うのが難しい、でも美しい。
男も女も歌えて歌詞が可愛い。
山中節は多くの人に愛される名曲。
なのにこの町には山中節記念館的な施設が無いのであります。
勿体無いとはこのことであります。

山中温泉ゆけむり倶楽部はそれを憂い、二木さんが中心となって様々な山中節を発掘し、そしてその音源を収集してきました。
そしていよいよその中から厳選された数曲をまとめて公式にCD化できる運びとなったのであります。

その発売を前に、山中温泉の色々な場所で、その色々な山中節を聞きくらべてみようじゃないかという「聞きくらべ会」が開催されることとなりました。
第一回は山中温泉冨士見町にある「ささやカフェ」で6月11日に開催されます。
d0093903_21133187.jpg
ワンドリンク付いて500円。
古いSP盤をメインに、様々な山中節を聞くことができます。
現役芸妓が初代米八の歌声に合わせて舞う時空超絶コラボ企画もあり、とても盛りだくさん。
レコードコンサートといえどもこれで飲み物着き500円は破格です。
しかし、会場が狭いのでそれほど沢山は入れません。
興味のあるかたは、お早めに問い合わせして予約しちゃった方がいいですヨ。


第二回は7月に開催が決定。
こっちは山中児童センターにあるプラネタリウムで開催という変わった趣向での聞きくらべとなります。
こちらは入場無料ですので親子で楽しむのもアリですな。

合計四回開催予定の山中節聞きくらべ会。
どうぞお楽しみに~(^.^)
 
 
 
 

[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-04-29 21:19 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)
ソメイヨシノがすっかり終わってしまったけれど、山中温泉は新緑の芽吹きとともに今を盛りとして咲き誇る桜があります。
d0093903_15543407.jpg
八重桜ですね。
これは山中温泉栢野町にある旅館「花つばき」の駐車場にあるものです。
バスの転回場ともなっていて公衆電話もあるので何かと便利な場所になっています。
d0093903_15543303.jpg
GWには内装工事を終えてリニューアルオープンするなんて話が聞こえてましたが、全く工事している気配がありません。
これはこのまま閉館されちゃうのだろうか??

それはまあそれとして八重桜です。
d0093903_15543472.jpg
花びらがフリルみたいで本当に可愛い花です。
葉っぱも出ているのでソメイヨシノみたいな不安感がありません。
このまま塩漬けにしたら美味しいんだろうなと思いつつシャッターを切ります。

この場所の隣に、加賀市最南端のJAがあります。
栢野から我谷へ抜ける道を通るとき、いつも目に飛び込んでくる綺麗な桜がありました。

d0093903_15543457.jpg
これ、山中の風景百選に入れるべきかもしれません。
畑とJAと枝垂れ桜。
私有地っぽいんで真下まで行きませんでしかが、ちょっと離れて眺めるのが美しい構図です。
足元も見れば見知らぬ野草が花をつけています。
d0093903_15543470.jpg
春だねぇ~
d0093903_15543575.jpg
これはヨモギだ・・・・
栢野でヨモギってことは・・・・
d0093903_17244260.jpg
はい、やってきました大杉茶屋♪
「辻さーん、やっと来れましたわ~」
「あらマッタさん、タケノコ食べる?」
「食べる食べる、息子も好物で」
「朝採ってきたのがあるんよ~」
「おお!うまそう!」
「イノシシと競争して掘ってくるんよ~」
「それ、すげー話ですな、長四郎さんですか」
「そう!」
ってことで、草だんごとタケノコをgetしてきました。
d0093903_17244251.jpg
タケノコは鮮度が命ですので、早速調理に入ります。
d0093903_17244344.jpg
さっと洗って剥き剥きします。
d0093903_17244332.jpg
このくらいで十分。
長すぎてなべに入らないので先っちょを切ります。
d0093903_17244458.jpg
縦に切り込みを入れて大なべで水から煮ます。
よく米ぬかと一緒に煮て灰汁抜きをすると言われますが、栢野のタケノコは灰汁が殆どなくてただの水煮で十分なんです。
d0093903_17244457.jpg
煮えるまでの間に草だんごと緑茶で至福のひととき♪
d0093903_17244488.jpg
煮えました。
d0093903_17244470.jpg
このまま放置します。
冷めてからだし汁と薄口醤油で煮るのですが、素材がいいので薄味で仕上げたほうがタケノコの甘みが楽しめて私は好きですね。
冷ます間に山田豆腐店の薄揚げを濱田で買ってきます。
山田の薄揚げとの相性が抜群なんですな。
手持ちの昆布と一緒に煮て出来上がり。
d0093903_17453882.jpg
長四郎さん、おかげさまで大変美味しいタケノコが食卓に上がりました。
イノシシに襲われないように気をつけてまた掘ってくださいm(__)m

栢野タケノコ、うまし!!

 
 
  
 
 
 





[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-04-23 21:11 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya