<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

この度、新しくなった山中温泉料理飲食大図鑑Vol,10は四人の女子高生と一人の女教師とスバル360という組み合わせで構成されています。
既にご覧になった方もおられると思いますが、全てイラストで描かれています。
d0093903_13525564.jpg

これを描いたのは私でございます。

はい。

伏せておこうと思っていたのですが、某メディアで住所と年齢付きで紹介されてしまったので、もう開き直るしかありません。
生業がイラストレーターとか漫画家だったら問題はないのですが、私はそれとは無縁の生活をしております。
ただ、30年ほど昔、初代ガンダム世代のアニオタだった頃に、模写やスケッチなど人物画を描きまくっていたせいで、ちょっとしたイラストは描ける程度の能力は有しておりました。

で・・・

このマップの制作に絵師として参加してしまったことをバラすついでに、ちょっとしたメイキング記事が書けたらと思いだった次第。


事の発端は、創作中華ダイニングのマスターからの電話でした。
「グーグルアースで・・・」
はい。
元々の起こりはグーグルアースなんですわ。
「ストリートビューで山中小学校前を見たら、アビイロードにすっげー似てて・・・」
d0093903_1221693.jpg

そこから創作鮨職人H氏のアイデア炸裂で、女学校に通う女の子を設定して二次元でできないものか、萌えが作れないか、山中に足りないのは萌えだー!となりまして、あれよあれよと言う間に第一回イラスト会議が開催されたのであります。
その結果、私が描くことになったのですが、何せ日頃から描いてるわけじゃないので、正直なところ描けないんですよ。
とりあえず昨今の風潮を気にして、子供がいない週末だったか早朝だったかに小学校前に行ってロケを実行。
d0093903_1253611.jpg

d0093903_1254946.jpg

d0093903_126716.jpg

そこにパソコンで内蔵のモデルを動かしてポーズを決めて並べてみる。
d0093903_1275987.jpg

あれこれ動かしているうちにスカートがどっかに行ってしまって、なんとも情けない姿に。
これをF氏に見せたら喜んでくれたのですが、これはあくまでも構図であって下書きなのであります。

この企画で、最も大変だったのは、四人もの女の子と女教師をデザインするということ。
身長や体重、髪の色とか性格とかのキャラの設定がなく、手掛かりになる情報が皆無ときたもんだ。
元々の構想は私ではないので、どこまで勝手にやっていいのか分からず、ここで私の気持ちが一旦頓挫する。

それでも毎週のように会議が重ねられ、やらないわけにはいかなくなり、悩みつつ手描きであれこれやってみて、それを写真に撮ってパソコンに転送て加工して色彩して・・・・
ってのを試行錯誤した結果がこれ。
d0093903_1474699.jpg

うーん、歪んでる・・・
でも、この時の私にはこれが精いっぱいだったのであります。
このほかにも3人+一人を描きましたけど、どれもこれも今にしてみれば酷い物で、自分の画力の無さに打ちのめされてしまって、また頓挫。
しかし、この時点で投げ出すわけにはいかなくなっており、時間もどんどん無くなっていって、焦るばかりとなりにけり。
『どのみちパソコンで仕上げるんだから、最初からパソコンでやった方が効率いいよな』
で使い始めたのがペンタブレット。
 
 手元のパッドに専用のペンでなぞると目の前の画面に線が出る。

これがキモチワルイったらありゃしない。
目の前の紙に鉛筆で描いていたのに、それがバラバラになった感じ。
真っ直ぐな線も引けないし、曲線なんかどこでどう曲がるのか分からない暴走ラインばかり。
普段の私ならここで投げ出してしまっただろうけど、今回ばかり、どうにかして形にしないといけないので、頑張るしかないのである。
毎日練習。
時間を作っては練習。
夜中も早朝も練習。
人間って不思議なもので、そのうちなんとなく欲しい線が出てきたりするんですねぇ。
それにペンタブレット&クリップスタジオの長所として、やり直しが簡単にできるんですよね。
Ctrl+Zに左手の指を置いて、気に入った線が出てくるまで何度でもやり直す。
女の子の決め手は輪郭だと思っているので、頬のラインが決まるまで何度でも描いては消しを繰り返す。
妙に集中して、いつになくペンタブレットが使いやすいなと思える日があって、その時に偶々描けてしまったのがこれ。
d0093903_1423769.jpg

「お、なんか、この子いいぞ」
と自画自賛してコーヒーをすする。
この子を切っ掛けに、ペンタブレットが楽しくなってきたんですな。
もう一人、そしてもう一人、と不思議なほどキャラデザインが決まっていく。
これは本当に不思議な体験でした。
当初の目標路線である『萌え』とは程遠いし方向さえ違っているのだけど、それでも初期の手描きレベルから見れば格段の進歩だ!と、自分で勝手に思っている・・・のであります。
最初はみんなネクタイでした。
d0093903_146541.jpg

女子高生の制服と言えばリボンが定番なんでしょうけど、あんなややこしいモノを描くのが面倒で面倒で。
でも、描き進めていくうちに、リボンぐらいナンボのもんじゃい的な変なテンションになって、せっせと描いてみたら案外いい感じになるではありませんか。
d0093903_1501683.jpg

このページの四人組が決まったことで、いよいよ表紙の横断歩道に取り掛かったわけであります。

  今回はここまで。

色々参考にして頑張ったんですよ。
d0093903_1523552.jpg

人体の骨格や筋肉などの構造も考えなきゃいけなかったし。
やっぱ、絵を描くって、難しいです。


 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-03-31 02:00 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

山中温泉フォト575

d0093903_1611977.jpg

テレビでお馴染みの夏井いつきさんをお迎えしての記念講演
「あなたも今日から俳人です」
が今夜、山中座にて開催です。

村田さんがせっせと準備なさってましたが、いよいよ今日なんですね〜。

皆さんこぞっていらっしゃいませ〜(*^-^*)
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-03-23 16:11 | 山中ごと | Trackback | Comments(1)
d0093903_9272774.jpg

 山中ビートルズ発祥の地、山中温泉料理飲食大図鑑の最新版のvol,10が出ました。
写真は長樂さんのレジ前の平積み。
vol,8まではH氏、F氏、K氏、G氏による山中温泉ゆかりの著名人に扮しながらもビートルズを名乗るという神設定を中心に、町民の皆さんや芸妓さんも巻き込んだ実写による16ビート斜め上構成で世間をあっと言わせた伝説のマップでございました。
ウケたからそれを何年も続ける、という発想は発行の中心人物であるH氏とF氏にはなく、氏らは常に変化し続け『おもろい』『たのしい』を自由な発想で生み出しているのであります。
vol,9でビートルズ路線はそのままに、北陸新幹線もモチーフに入れてのサイケデリックなイラストにチェンジしてましたので、次も二次元でいくのかなと思ってましたら、やっぱりそうでした。

モチーフは勿論ビートルズ。
元ネタはめちゃめちゃ有名なコレ。
d0093903_1055342.jpg

ビートルズのアビーロード。
裏ジャケットはこうなってます。
d0093903_9585661.jpg


いやぁ~
d0093903_103576.jpg

d0093903_10102388.jpg

ぼちぼち各飲食店や山中座などに置かれていると思いますので、是非お手に取りくださいませ。







 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-03-23 10:11 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

ちょっと待てよ

d0093903_18261421.jpg

昨日の北國新聞にこんな記事が載ってました。
今日、たまたまこのマックの前を通ってきました。

この記事を見てから見物に行ったわけではありません。

『中央分離帯にお店がある』
ってことで話題になっているそうだが、
話題になる=繁盛している、ということではないはずである。

私自身、この店を見て、すぐ前を車で走ってみて思ったことは、
「考えなしの危険な存在だなぁ」
である。

金沢市内の石川県庁から白山インターを通って国道8号線と繋がるこの道は、石川県の新開発道路と言ってもいい新しく快適な道路である。
片側二車線の比較的通行速度が速い道である。
そして、この店は、中央分離帯にあるので、入るにしても出るにしても、右車線が起点なのである。
   
 グーグルマップで見てみよう①
 グーグルマップで見てみよう②
片側二車線&中央分離帯となれば、右折禁止&転回禁止が常識であり、ドライバーの多くは信号のある交差点以外では右車線を走行する車が不意にブレーキを踏んだりノコノコ合流があったりというのは想定外なはずである。
少なくとも私はそうである。

合流帯も高速道路程の幅や長さがあるわけでなし、白の実線で区切られた申し訳程度のものがあるだけで加速帯としては不十分で不案内。
店から出てきた車にしたって、左後方に注意しながら加速して合流するなどという、まるで外国で運転するかのような特殊な技能(感覚)を要求されるのである。

これは危険である。

石川県は、話題になっているので更なる出店を期待する、とコメントしているそうだが、大きな勘違いしているのではないかと心配になる。

話題になっているのは『危ないから』なのではないのか。
アメリカ式経営で没落寸前のマクドナルドが社会的に批判され続けているところに、この無謀な出店は単なる『ツッコミどころ』の追加なのではないのか。

道路を拡張して二車線化するのは、より円滑でスムーズな車の流れを生み出すためである筈で、その本来の目的に逆行する中央分離帯の出店は、行政が率先して禁止するべきだと思う。

ネットで話題=人気がある
ネットで話題=高く評価されている
ネットで話題=商品価値が上がる
という思考回路の人が県庁にいるとするなら、なんともオメデタイ人だなぁとしか言いようがない。

もし、県が今後も中央分離帯の出店を推奨し、こんな構造の商店が増えた場合、それと比例して交通事故も増えると予想する。
『楽しいはずの週末が一転、家族が乗ったワゴン車合流に失敗し大破』
なんて記事は見たくないのである。

道路の構造、信号の仕組み、事細かに設定されている道路交通法、見回りや警戒に励む警察官の皆さん、反射板や案内標識、大体的に行われる交通安全運動などは、全て『悲惨な交通事故をなくしたい』という願いが原動力だと思う。
自動車メーカーの技術開発も、事故から乗員を守ることや事故が起きない仕組みを実現させるために懸命である。
そうなった背景には、沢山の悲惨な事故があったわけで、多くの尊い命が犠牲になっているのである。

 昨日の朝刊に載ったこの記事を、とても恐ろしいと思っているのは、私だけなのだろうか。

 
 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-03-20 18:26 | 石川ごと | Trackback | Comments(0)

3.11


今日は3月11日。
5年前のこの日、東北地方を中心に大地震が発生し、多くの命が失われました。
あの時、ちょうど車の中で書き物をしていたのですが、仲間が悪ふざけをして車を揺らしているのかと思ったぐらい、はっきりと分かる大きな揺れでした。
「うわぁ地震やぁ」
と思ったのは数秒程度。
どこが震源かいなとテレビをつけたところ、それからは仕事にならなかったのを覚えています。

目を疑うとは、まさにこのことでした。

学校の卒業式も多く行われたであろうこの季節、
小学6年生だった子供たち
中学3年生だった子供たち
高校3年生だった子供たち
その多くは、あの日あの時、自宅や友人宅でまったりとした春休みを過ごしていたことでしょう。

あれほど大きな地震にも関わらず、それによる被害は軽微であったと言われます。
日本の地震対策は見事なものだと思います。
ただ、その後の大津波が、全てにおいて想定外だったのでしょう。
誰も知らない、誰も想像もできない、大きな津波。
それを察知して素直に避難した人の多くは死なずに済んだようです。
津波なんか恐るるに足りん、と無根拠に強気で居た人、
二階にさえいれば大丈夫とタカをくくっていた人、
そんな人が沢山いたようです。
まったり春休み組もその中に入っていたことでしょう。
高台に避難した人が撮影した動画を今でもYoutubeで見ることができますが、
破壊されていく街並みの他に、避難している人たちの姿も写っています。
ですが、そこには若者の姿がほとんどないのです。
12歳、15歳、18歳の若者たちは、どこにいたのだろう。
津波は余りに大きく、そして強すぎて、家も、ビルも、街並みを呑み込み破壊してしまいました。
死者15000人余・行方不明者2500人余

身近な家族の突然の死は、遺族にとって簡単に受け入れられるものではありません。
老い先短い年寄りでもそうなのに、子や孫がそうなった時には、正気を保てなくなるほどの苦しみを受けることになります。

昨夜、NHKで放送されていて『風の電話』の特集。
岩手県大槌町にある一つの電話ボックス。
黒電話が一つ置かれ、それは電話線にはつながっていない。
「線じゃ伝わんねぇ。風に乗せて届けるんだ」
設置した男性の言葉です。
家族を失った遺族が、ここを訪れ、一人でボックスに入り、受話器を握りしめ、それぞれが胸に抱いていた想いを話していく。
 こんなキツイ番組、私は知らない。
 
家族って、いつも円満で笑顔いっぱいで仲良くニコニコしてるわけではないでしょう。
私なんぞ家族関係でずーっと悩んでますもん。
だけど、互いに生きている。
話そうと思えば話せる。
それを気づかせてくれたように思います。

言いたいことを言わずに有耶無耶になっている事柄、
大切に思っているのに、つい照れて素っ気なくしている関係、
色々あるかと思います。
 
 それを果たせないまま死に別れたら、どれほど苦しまなければならないのか。

そのことを考える日。
それが今年の3.11。
私の3.11。

 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-03-11 16:09 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya