<   2014年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

d0093903_14414543.jpg

総合三位 大聖寺第二分団

総合準優勝 山中第三分団!

総合優勝 三谷分団

おめでとうございます。

ポンプ車操法順位

三位 大聖寺第二分団

準優勝 三谷分団

優勝 山中第三分団!


山中第三分団が加賀市の代表に選ばれ、来月の県大会に出場します!
d0093903_14421545.jpg


おめでとうございます!山中第三分団〜☆
[PR]
by matta_no_komeya | 2014-06-22 11:58 | 加賀ごと | Trackback | Comments(0)
d0093903_6254984.jpg

今日は消防団のポンプ車操法訓練なんですが生憎の雨。

芝生がぐっちょりで危険度MAXです。

皆様、お怪我のないように。
[PR]
by matta_no_komeya | 2014-06-22 06:25 | Trackback | Comments(0)

ルールは守りましょう

d0093903_13535163.jpg

信号のない交差点で一時停止。
前方から軽自動車
右からミニバン
やり過ごそうと待っていたら、軽自動車が一旦停止無視

うそやろ!



どーん

こっちまで飛んできましたがな。

わしがおらんかったら、この軽自動車横転か回転してましたわ。
運転してたオバハンはノコノコ降りてきてあちこち電話してたけど、こちらには挨拶も謝罪もなし。
まあ、動転してたんでしょう。

横転してれば重傷事故になっていたでしょう。
最悪も起きたかもしれません。

完全なもらい事故ですが、これはこれで何かの役に立ったのかなと思うようにします。

皆様もお気を付けください。

ルールは守ってこそ意味を持ちますね。

 
[PR]
by matta_no_komeya | 2014-06-20 13:58 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

考える草

d0093903_8283630.jpg

植物って不思議。

これまで折に触れてこの事を話してきたけど、
「そう!私も同じこと思ってた!」
的な反応を得たことがありません。
大抵は
「え、あ、うん、そうだね」
的な反応で、まるで私が可哀想な子みたいです。

それでも思うのです。
植物って不思議。

今朝の散歩で見つけた綿毛。
タンポポではないようですが、同属でしょう。

植物の不思議は種の仕組みにこそあるのではないでしょうか。
自分の子孫を、より安全に、より確実に、より広範囲に撒き散らす為の仕組みが凄いのです。

この綿毛、
種子1粒毎にパラグライダー装備です。
成熟するまでは簡単に離れないよう安全装置付きです。
成熟して安全装置が外れても、近くにぽてんと落ちるような微風は無視です。
しっかり遠くへ運んでくれる強さの風がくればそれに運ばせます。

こんな小さな草が、
毎年枯れて新しく生えてくる草が
実に巧妙な手立てを身に付けるまでに、どれだけの思案と試行錯誤があったことか。

これが進化だよ
ってな感じで簡単に片付けてはいけないと思うのです。

なぜなら、草には、植物には、脳がないのですから。

嗚呼、不思議なり植物。
[PR]
by matta_no_komeya | 2014-06-19 08:28 | Trackback | Comments(0)

みかんゼリー

d0093903_223096.jpg

みかんゼリー

見た目はただの

みかんゼリー

されどスペシャル

みかんゼリー

唯一無二の

みかんゼリー

ちょっと甘めの

みかんゼリー

みかんたっぷり

みかんゼリー

息子の手作り

みかんゼリー

とってもとってもウマカッタ

ごちそうさまだよ

みかんゼリー
[PR]
by matta_no_komeya | 2014-06-18 22:03 | Trackback | Comments(0)

ニコスタ役員会

d0093903_2101597.jpg

d0093903_2101540.jpg

今日は山中スタンプ会の役員会がありました。

お昼ご飯付き会議は嬉しいですo(^-^)o
写真二枚目をご覧ください。

舞楽夢さんのカツカレーです。

美味そうでしょ?
美味かったです。
飲みたくなる美味さです。
実際ほとんど飲んでしまいました。
人間、美味いものを食べると大抵の事はどうでもよくなるのですが、今日はそうなってる場合ではございません。

先日のスイーツクッキングの反省と決算報告から始まり、夏のポイントプレゼントとバス旅行の企画を通過させねばなりません。
辻部長と一緒になってのプレゼンで役員の方々に理解して頂き納得して頂けるように頑張ります。


結果、お中元イベント「ポイントプレゼント券付きチラシ発行」承認頂きました。
今回のチラシは、2000円分のポイントプレゼント券を10枚もお付けします!

そしてバス旅行は、

『大相撲名古屋場所観戦』に決定です。
つまり、人気絶頂の遠藤応援ツアーって訳です。
座席は腰や膝の痛い方にも優しい椅子席A!
大相撲と言えば升席をイメージする方が多いと思いますが、長時間座るには椅子席の方が断然楽チンなんです!
昼食は付きませんが、サービスエリアで各自ご自由に召し上がっていただけます。
会場には14時ぐらいに到着見込みで、幕内前から観戦してもよし、売店などでお土産を物色してもよしです。
会場でないと食べられない大相撲弁当もお付けしちゃいます!

ピンクの遠藤様が見られるのが楽しみ〜

参加費は満点カード10枚
または6枚と3000円です。

チケットだけでも5000円しますので、これはお得です。

山中スタンプ会ニコニコカードは今年も上げていきますよ〜!(b^ー°)


詳しくは7月1日に折り込まれるチラシをご覧くださいm(_ _)m
[PR]
by matta_no_komeya | 2014-06-18 21:00 | Trackback | Comments(0)

りんでん

突如蘇る古い記憶

最近、これが多い。

「りんでんどんがらがったじゃすとんピーナツカレーライス」
このフレーズが歌となって蘇る。

なんだこれ?
と調べたらありました。
ピンポンパンです。
これでジャンケンしてたんです。
ちゃんとタイトルもあって『ジャストン』だそうです。
しかし、私の記憶と違うところがありました。
冒頭の『りんでん』がオリジナルでは『チンゲン』なのです。
最初『チンゲ』かと思って二度見しましたがチンゲンでした。
なぜこれがりんでんになったのだろう…

りんでんと言えば、昔山中温泉にあったストリップ劇場です。
林田さんって方が経営してたので音読みでりんでんなんだという説が有力ですが、この際由来はおいときましょう。

私は幼少期、ストリップ劇場に行きたかったようである。

そうでなきゃオリジナルを書き換えて記憶したりしないだろう。



行っときゃよかった
『リンデン』

山中温泉は今、再開発と言える様変わりを続けています。

新しく整備される通り、
建物、商店
消えゆくものもあります。

温泉場の定番だったアミューズメントスポット『ストリップ劇場』
これが今は無い。

無くなった理由は様々あるだろうが、町の風紀がたら子供の教育上どうたらとか『ストリップ劇場』を悪と見なした勢力があるとかないとか…
ラブホや風俗店も同様のやり玉に上げられることもあるようなないような…

さて、頭のいい大卒インテリの有識者の皆さん、
そろそろ中高生にスマホを持たせることの『悪』を高らかに歌う時ではござらんか?

若い女の子がエロエロされて、いや色々されて、挙げ句に殺される事件が時々起きてますが、彼女たちはインターネット時代の犠牲者ではないかな?

ネットに繋がるパソコンが自由に使える環境
携帯電話やスマートフォンを子供に買い与える動機は何だろう?

みんな持ってるのにうちの子に持たせないのは可哀想
なーんて、子育てポリシーの欠片もない無責任で成り行きまかせな言い分ですよねえ。
あるいは買い与えないとウチが貧乏だと思われてしまう、なーんて、浅はかな親の見栄ですかねえ。

子供は何でも興味を持ちます。
何でも欲しがります。
好奇心の塊なんだから当たり前です。

親は、親の責任において、買い与える品物を吟味し性質を把握しなきゃいかんでしょう。

いつの時代、どこの国でも、子供に毒を与える親はおりません。

熱いスープをふーふーして食べさせたように、親は世の中の毒に対して、もっと神経を尖らせるべきです。

私が幼少期にストリップ劇場に行っていたら、どうなっていたことやら…

ん〜 あまり変わってないか…
[PR]
by matta_no_komeya | 2014-06-12 08:10 | Trackback | Comments(2)

もう梅も最後かな

d0093903_1393157.jpg

青々した青梅を見かけなくなって、爽やかな甘い香を放つ黄色い梅を見かけるようになりました。
ちょっと買い物に出た時に衝動買い。

これで梅シロップを作りました。

梅と氷砂糖と、レシピにはホワイトリカーって書いてあるけどそんなもの持ってないので貰い物の焼酎とキルシュを少々入れて雑菌の繁殖を抑えます。
1カ月程で梅がしわしわに縮んでエキスが出きり完成します。
砂糖に梅に少しのアルコールですから基本的に腐りません。
大事にとっとけば何年でももつのでしょうけど、
これは息子も大好きなので夏が終わる前にはなくなる見込み。

それでいいのだ。

なくなるから夏の味として記憶される。

また来年の夏に新しく作る。

この繰り返しが大切なんだな、と梅を拭きながらぼんやり思う。
[PR]
by matta_no_komeya | 2014-06-11 13:09 | Trackback | Comments(0)

心の傷

朝、目覚めがけに古い記憶が唐突に蘇った。
すごく嫌な記憶。

中学生時代、同級生からもらった年賀状。
あの当時はパソコンもなく、プリントごっこがちらほら普及していた程度の時代。
年賀状と言えば手書きが当たり前だった。

人付き合いが苦手なのは今も昔もあまり変わらない。
そんなだから、自分のポジションの把握がどうもうまくできない。
誰かの家に行って、わいわいと騒ぐなんて苦手で、川辺に立って、竿を握ってる方が楽しかったし、心が安いらいだ。

自分は、誰かから嫌われるようなことをしたのだろうか?
恨まれるようなことをしたのだろうか?
したのかもしれない。
いや、してるんだ。

誰かを傷つけたことはある。
冗談が行き過ぎて言葉で傷付け泣かしてしまったことがある。
どんなに謝っても、彼は口をきいてくれなかった。
時間が経って関係が回復したような時がきたけど、塞ぎようのない溝を感じて怖くなった。
また悪ふざけで善くない事をやっていた仲間と、ある日を境に付き合うのを辞めたこともある。
彼にしてみれば青天の霹靂だったことだろう。彼もまた傷つき、溝を挟んでしまったのだ。

ああ、こうして考えると、俺は、結構悪い奴だな。
色々恨まれても仕方ないのか・・・。

でも、あいつには何もしていない(はずだ)。
なのに、何の前触れもなく、こんな年賀状をよこした。
d0093903_12363458.gif

インパクトありすぎだろ。
表面は普通のお年玉付き年賀はがきだったと思う。
まあ、見事に元旦からいやーな気分にさせられました。
そいつとは日頃から特に交流はなく、好きでも嫌いでもなかったのですが、こんなもの送られては嫌いになります。
事の真意を確かめないまま1年が経って、またまた彼から年賀状が届きました。


d0093903_12365098.gif

これ、ネタじゃないですよ。
ものすごい禍々しい、まるで悪霊と対峙したかのような恐ろしい気分。
まあ、およそ普通の神経の人間のすることではないと思います。
それでも、これで私の心は傷ついた。
物凄く、傷ついた。

何か身に覚えがあって、その仕返しみたいなものだったらまだ喧嘩でもできるんだけど、日ごろ何の付き合いもない接点の乏しい奴からの書面での殺意。しかも年賀状ですから家族も見るわけで、その上での公然の殺意。
これはいったい何なのか?
冗談では済まされない。
47歳の今でも、思い出して脂汗をかく。

彼の家は湯の本町、彼自身は今はいないのだったかな?
まあ、いてもいなくてもどうでもいいんですけどね。

過ぎ去った過去は忘れそうになるけど、なかったことにはできない。
毎日の積み重ねの中で、汚点といえる失敗は今も絶えることがない。
生きると言うのは、難しく、苦しいものなのですね。


  
 この記事を読んだら、気分が悪くなった、という人がいるかもしれません。
そんなときは箕輪先生のモノマネをして「がいるがおるがある」を10回言ってください。
[PR]
by matta_no_komeya | 2014-06-11 00:40 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

スイーツクッキング開催

今日は山中スタンプ会の夏イベント第一弾、
親子で作ろうスイーツクッキングの日でした。

14時を少し過ぎたころにすべてのお客様が準備を整え、辻部長の司会のものイベントスタートです。
松原会長の悲哀に満ちた挨拶は、世の寂しいお父さんを代表する立派なものでした(笑)

いよいよケーキ作りです。
講師の黒田さんの魔法のようなケーキ作りのテクニックに、皆さん釘づけです。
d0093903_17554215.jpg

d0093903_17543735.jpg

道具が足りなくて仕上げに順番待ちが発生してしまい、申し訳ない限りでした。
それでも、皆さん、お上手でした☆☆☆
d0093903_17564782.jpg

完成品は保冷剤と一緒にケースに収まります。
d0093903_17571539.jpg

本来なら、この後に講師持参のロールケーキをお茶請けに、ささやかなお茶会を予定していたのですが、あまりの暑さに、品質保持最優先ということで、一刻も早く持ち帰っていただき、冷蔵庫へ入れていただこうとなり、急きょ、お茶会中止、直ちに解散となってしまいました。
この点において、本当に申し訳ありませんでした。

少しでも本物を味わってほしいということで、今回使用した生クリームは扱いが容易なまがい物ではなく、本物のプロ仕様をご用意したのです。
この為、余計に暑さに弱かったのです。
それでも、皆さん、楽しみにされていたでしょうから、本当にごめんさないm(__)m

でも、皆さん、ニコニコして楽しかったわ~と言ってくださったので、ほっと胸を撫で下ろすことができました。
やはりお菓子作りは楽しいです。
オイシイ食べ物はそれだけで人を笑顔にします。
その力が極端に強いのがスイーツだと思います。
今回、そのスイーツを初めて作った子供たち、
彼ら彼女らが、また作りたいと思ったり、それで誰かの笑顔に会えたりできたなら、本当に最高です。


会場のエアコンが故障するという大変なアクシデントに見舞われ、生ケーキ作りにとっての大敵『暑さ』と戦わねばならなくなり、色々と大変でした。
もし、次があるのなら、場所の選定と道具類の確保をもっと練り上げたいと思います。

皆様、ありがとうございました。
講師の黒田さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

さーて、今夜は夏旅行の打ち合わせだー!
[PR]
by matta_no_komeya | 2014-06-08 18:04 | ニコスタ! | Trackback | Comments(0)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya