カテゴリ:自分ごと( 222 )

糠吹雪から糠吹雪Ⅱへ

d0093903_15501028.jpg
2006年9月の開設から11年と一ヶ月。
開設当初は米屋バリバリでやってましたし、このブログの記事にも米屋関連のものが沢山ありました。
月日が経ち、体が壊れ、米屋継続が困難となり、仕事を模索する日々となり、現在は米屋から完全に離れております。

それでもこのブログは自分史的な意味合いが濃いので継続しているわけで、そしてふとアカウントの文字が気になったのであります。
matta_no_komeya
長らくご愛顧いただいている名称そのものであります。
『まったの米屋』
店自体は細々と続いていますが、私が名乗っていいものじゃない。

ってわけで、この糠吹雪から一旦離れて、別アカウントで糠吹雪Ⅱを始めることにしました。
米屋から離れるなら糠吹雪ってタイトルもおかしいんちゃうか?と突っ込まれそうですが、すぐさま米屋を連想するものでもありませんし、
これはこれで愛着があるので継続です。

こっちはこっちで閉鎖するわけでもありませんし、自分で時々閲覧しにくるだろうと思います。
ですが新しい記事はⅡの方で上げていくと思います。

不定期更新の徒然ブログはなかなか閉店にならないのであります。
 
 
 



[PR]
by matta_no_komeya | 2017-10-28 15:51 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

9月最後の金曜日

コンビニで見つけてしまったこんなもの
d0093903_22090679.jpg
買おかやめよか迷うのわたし






謎肉の正体明かすパッケージ
d0093903_22090673.jpg
これじゃ恫喝ずるいなり






気がつけば家にあるのよこの二つ
d0093903_22090548.jpg
今すぐ食べよか迷うのわたし




 
 











[PR]
by matta_no_komeya | 2017-09-29 22:14 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)
こいこい祭二日目の9月23日は秋のお彼岸でもあるんです。
朝8時にミスドでドーナツ&コーヒーを楽しみ、イオンへお花を買いに行きました。
週明けの弁当のおかずを物色していたら柿の葉寿司の材料コーナーでギョッとしました。
d0093903_22401911.jpg
鮮魚コーナーだけにギョッとするのも無理はない。
いやはや、こんなところにまでコレが・・・

買ってきた菊を供えて仏壇参り。
これが私の9月23日の始まり方。

さて、9時を回ったころに東町一丁目の本陣を訪ね、昨日未訪問の非礼を詫び、談笑のひと時。
そして冨士見町本陣へ。
今年の初老みこしはスケジュール通りにきっちりサクサク巡行されていて、薬師町を通過する音であわてて焼き鳥を量産するのでありました。
そしてとうとうご到着♪
d0093903_22402002.jpg
d0093903_22402098.jpg
d0093903_22402012.jpg
血気盛んだった発足当時が思い出されて、なんかしみじみしちゃいました。
若者はオッサンになり、オッサンはじじいになっていく。
ああ、お祭りだなぁ・・・


一旦帰宅して防犯交通推進隊のコスプレをして湯の曲輪へ。
お!大獅子やん☆
d0093903_22402030.jpg
熱いPTA会長の後頭部をご覧ください。
右は大獅子世話人のあの人です。
d0093903_22402181.jpg
思ってたほど地味じゃないんだけど、常軌を逸したレベルは見えないのでOKOKな感じです。
いやはや、みんな可愛いわ。
近所のYちゃんがいたんだけど、大きなサンダルを履いてパジャマでうろうろしていた幼児時代が思い出されて、ここでもおっちゃんはしみじみしちゃうのです。
すっげー可愛いかったぜ、Yちゃん☆
d0093903_22402100.jpg
スマホも上手く利用するプロカメラマンM様!
そのスマホと顔の距離、老眼なんだなーと感じてしみじみしちゃうのです。
d0093903_22515561.jpg
「お疲れ様、体は大丈夫なのかい?」
「そーでもない」
みんなのアイドル鉄人Sちゃんが故障から戻りきれていなかった。そんな様子にしみじみ・・・

この後は若衆みこしに付いて回りました。
えっ!この子らが五五なの!? ということでしみじみしすぎるのです。

スケジュール厳守の今回、ちゃんと予定通りに戻ってきました。エライぞ!若衆!
d0093903_22515693.jpg
青年団による絡み獅子、の撮影をするプロカメラマンM氏。
d0093903_22515675.jpg
白山神社出張所で太鼓を打ち続けてくださった冨士見町のM氏!味わい深い写真になりました。

この後、推進隊のコスプレを脱いで、普段着であちこち。
そして初老の抽選会へ。
私は抽選箱に入れるのを忘れていたので当たる確立ゼロだったのですが、この時間に普通に見物客として湯の曲輪にいるなんてここ数年なかったことなので、じっくり見させていただきました。
すると、推進隊のおっちゃんが大きなテレビを当ててるではありませんか!!
d0093903_22515613.jpg
慌てて家族に電話して取りに来るのを待っているの図。
長年こいこい祭に奉仕し続けたご褒美と思えばこのくらいもらっても罰はあたらんでしょう(^_^;)
おめでとうございます☆


さて、初老のもち撒きが始まりました。
d0093903_23035162.jpg
問題です。
この中に体の大きなプロカメラマンM氏はどこにいるでしょう?





答え。
d0093903_22515560.jpg
何か特殊な訓練をされてきたのか、気配を消すのが上手すぎますm(__)m
d0093903_23024658.jpg
餅は飛びますどこまでも。


旧友来たりて雄飛会立ち寄り場でしみじみタイム~
d0093903_23024703.jpg
d0093903_23024665.jpg
はい、オッサン陳列罪でタイーホね。



そして始まる『山中節てんこもり』
d0093903_23024704.jpg
実行委員長の辻さんとプロカメラマンM氏!
d0093903_23024736.jpg

??
辻氏・・・何着てまんのん???
二木氏も・・・
d0093903_23024717.jpg
なんですのん?それっ???(・_・;)
あんたら、おっさんなんやから!
それ、完全に文化祭のノリやおまへんのん!!
d0093903_23024668.jpg
新山中節を女性が歌う。
これが今までなかったんだよね。
これ、いいですな。
d0093903_23131284.jpg
ステージにはキッズダンサー、前にはお手本となる新山中節の踊りを披露する女の子たち。
この人たちの踊りがスタンダードなんだなと思う。
この頃、湯の本町の露店の賑わいはこんな感じ。
d0093903_23131316.jpg
このもうちょっと奥に行くとすごい人だかり。
丁度人波が切れたタイミングで撮影。
そして再び山中座前へ。
d0093903_23131308.jpg
中学三年生による新山中節踊りフォーメーションの真っ最中でした。
櫓で踊るチームとステージで踊るチームが入れ替わり立ち代り。
男の子も女の子も破綻することなくやりきってました。えらいぞ!三年生!
d0093903_23131435.jpg
あ・・・・プロカメラマン発見。
d0093903_23131318.jpg
そのカメラと顔の距離が、否応なく、ろ、ろ、老眼で・・・しみじみ~~

次は芸妓さんによる正調山中節。
激しい新山中節の後なので、ひときわしっとりと美しくて実に良かった。
d0093903_23131404.jpg
お薬師の住職の進行で『みんなで歌おう山中節』
d0093903_23131594.jpg
歌詞を持ってるのはスーパーギタリストO氏と器用貧乏の会会長の二木氏。
手前に写ってる後頭部様は器用貧乏の会総統の日比野氏。
それを写している器用貧乏の会小間使いのわたし。

この後は再び新山中節となって、今年のこいこい祭はフィナーレへと向かっていったのであります。




終わってみて・・・
賑やかでした。
地元の人間が元気じゃないと観光地として落第だ、という言葉を聞いたことがあります。
山中節という全国に誇れる財産を、山中のみんなが自分たちの財産だと思える日が来るといいなと思いつつ、
様々な試行錯誤と段取りと練習と苦労と議論と論争とお願いと困惑と喜びと感動が伺い見えた今年のこいこい祭。
私自身は運営スタッフでもありませんし、実行委員会にも入っていませんので、その内情は知ることはできないですが、素直にお疲れ様でしたといいたいです。
何かしら手応えはあったでしょうし、次につながる光も見えたことでしょう。
ただ、「来年も新しいポスター頼むぞ」との勿体無い声に、素直に返事はできませんでした。
もう環境が違うんです。
多分、もう描けないと思うのです。
今の環境。
今の仕事。
これを続ける限り、無理なのです。

来年に向けて、ポスターコンペを企画するべきなのかもしれません。


 
 



[PR]
by matta_no_komeya | 2017-09-24 23:35 | 自分ごと | Trackback | Comments(1)

みこしは担いでナンボ

おかげさまで新しいポスターは好評なようで、方々からイイネを頂いておりますm(__)m
ですが中にはあまり感心できないなぁとの声も。
聞いてみると、センターのせっちゃんの髪飾りの花が大きすぎるとか。
彼は危惧しているのです。
昨年のこいこい祭で、年々過激になってきていた大獅子の担ぎ手(中学三年生)の装いが派手すぎて、その装飾を気遣って肝心のみこしを担げなかった生徒がいたとか。
本末転倒とはこのことである。
それがあったので、今年の三年生には大獅子の装いについて再三注意を促しているそうな。
なんという気苦労。
なんという思いやり。
この想い、子供たちに伝わるといいのだけれど。

我々オッサンは初老を経験しているおかげで、みこしは担いでナンボというのを肌で理解している。
準備期間や意味合いが違うので、大獅子みこしでそれと同じ感覚は得られることはないけれど、それでも若いエネルギー合わせてあの巨体を担ぎ上げるというのはとても得がたい経験なのは間違いない。

受験に向けたこの時期に、地元の祭りに参加して大いに発散してほしいし、楽しかったという思い出にしてほしい。
d0093903_23365047.jpg

髪飾り、なくしました。
鉢巻しめました。
頬には山中中学校の校章を!
凛々しくいなせな少年少女の威勢のいい掛け声!
期待してしまうがなぁ~~~
 
 

 
 

[PR]
by matta_no_komeya | 2017-09-13 00:05 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)
オープンから間もなく行ってしまった初回は、あまりの混雑に辟易として逃げ帰ったこの場所。
小松工業高校がすぐ近くで、息子が在校生時代にオープンしてたら大変なことになってただろうなと想像する。
そこに二度目の訪問である。
d0093903_08510117.jpg
今回は駐車場もフードコートも簡単だった。
噂のローストビーフ丼なるものを食べたが、普通サイズだとちょっと小さい。
だけど食べ応えは十分なので胃腸の弱ったオッサンには丁度いいのかも。
珍しいものですし食べなれない味で満足はしましかが、そう何度も食べたくなる物じゃないわね。
フードコートを見渡すと8番ラーメンエキスプレスってのがある。
どれどれと近づくと見たことないメニューを掲げているではないか!
8番ラーメンの普及の根深さと認知度の高さは『ラーメン屋ではなく御食事処なのだ』という形で決着をみたラーメン屋乱立時代にあって、ここでしか食べられないメニューの存在は無視できない。
もし次回があるなら食べてみよう。

さてさて、巨大な建物、広大な店内、膨大な商品、数多の来客。
ここが石川県の小松市であることを忘れてしまいそうになる。
ここに限ったことじゃないんだけど、大きなショッピング施設って、賑やかであればあるほど虚しさを感じてしまうのは何故だろう??
子供は歓声を上げ、若者は着飾り、老夫婦は賑わいの中に腰を下ろしアイスクリームを食べている。
そこには平和で微笑ましい光景が広がっているはずである。
なのに虚しさが漂っているのだ。

 
 
 



[PR]
by matta_no_komeya | 2017-06-18 05:04 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

これも何かの縁かしら

息子が乗ってた車が某自動車屋さんで代車として活躍中。
ワシの愛車が車検となり、その代車がやってきた。
入れっぱなしのSDカードに色々入ってるMP3を聴きつつ通勤に。

道中、オドメーターが99995になっているのを発見。
今の通勤は片道約40kmあるので帰宅までには確実に100000を迎える。
d0093903_08505249.jpg
色々な距離を刻む車だけど、100000はやっぱ節目だよねぇ。
代車となったこの子が、ウチに来てる間にそれを迎えるのって、なんだか不思議だなと思った・・・という話でした。
 
 
 
 

[PR]
by matta_no_komeya | 2017-06-01 21:24 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

小松で勝ちゃん

ちょっと所用で小松まで行ってきました。
帰り道、お腹が空いたんで久しぶりに勝ちゃんへ。
通りも店も様変わりしてて驚きつつ、斜め向いにある割烹有川を見つけてほっとする。
店内は明るく賑やかで入りやすい。
とりあえず塩焼きそばと餃子を所望。
d0093903_08504929.jpg
安定のうまし☆

カウンターは楽しいね。


 
 


[PR]
by matta_no_komeya | 2017-05-20 23:14 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

カラスエンドウ2017

今年は天候に恵まれ豊作となっております。
d0093903_08472835.jpg
太くて長くてまっすぐです。
立派です。
これはまだちょっと若いのですが、あと数日で鳴らし頃に至ります。
豊作なのでより取り見取りなのですが、環境が変わったせいで思う存分鳴らせなくなりました。
これをジレンマと言うのでしょうなぁ・・・ 
 
 
 
 


[PR]
by matta_no_komeya | 2017-05-08 19:46 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)
生活環境が変わって初めての5月。
世の中はGW(ゴールデンウイーク)ってことで仕事はお休み。


・・・あはは、連休だぁ

世間ズレしてきた私には何がなんだか、何をどうすれば状態で毎日が消化されていくわけでして、はい。
そんな中、3日に山中温泉漆器祭に行ってみました。
d0093903_08292880.jpg
一通り見て回って、TさんとこにGさんがいて話してたら丁度欲しかったものが目に入ってきて購入。
湯の本町ではテントの出店があったりしてなかなか賑やかでした。

5日には栢野の大杉&草だんごから始めて山中の新緑が濃くなってるのを体感し、白山神社春季例大祭の神輿巡航に防犯交通推進隊として付いて回りました。
d0093903_08343243.jpg
d0093903_08343653.jpg
d0093903_08344448.jpg
写真は湯の本町の山海堂さん。
氏子さんも世代交代が進んでいて、中には私の一級年上の方がいたりしてびっくりしました。

6日はカレーの日。
いつもの圧力鍋で玉葱たっぷりいっちゃいます。
d0093903_08344729.jpg
今日のルーは三種混合。中でも目玉はハウスの印度カレー!
これがとても美味しいのですよ。
インド料理店で出てくるあの独特なスパイスの香りが~的な物じゃありません。
なんと言いましょうか、古式ゆかしいと言いましょうか、
私が若かりし頃、料理の勉強をしていた頃に習ったものを彷彿とさせるんですよ。
缶缶に入ったカレー粉を小麦粉と合わせて、ラードで飴色に炒めた玉葱と合わせて作ったルー。
準備しておいたブイヨンに入れてじっくり煮込み、余分な油脂を灰汁と一緒に取り除き、寸胴ごとオーブンに入れて加熱して作ったあれ。
昭和のカレーの風味が色濃く残っているのが名作「ハウスの印度カレー」なんですな。
これだけでも美味しいのですが、他に二種類入れてうちのカレーっぽく仕上げます。
d0093903_08392407.jpg

さーて、連休明けは覚えたばかりの仕事が抜けた身体に鞭打って頑張らねば。
連休って、何なんでしょうね??
 
 
 




[PR]
by matta_no_komeya | 2017-05-06 23:25 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

フルモデルチェンジ?

わたくし頭痛持ちでして、ナロンエースを常備薬としております。
古くはケロリンが常備薬でしたが、いつのころからかナロンエースが生活の友になっていました。
d0093903_15541574.jpg
このパッケージを欠かしたことはなく、いつも我が家にあったのです。
残り少なくなってきたので買いに行ったのですが、それが、ないんですよ。
バファリンやノーシンやロキソニンなんかはちゃんと売ってます。
なのにナロンエースがない。
ナロン錠はあるけどそれじゃない。
そんな馬鹿なと必死こいて探してみたところ・・・・・

ありました。

ですけど・・・・
d0093903_17014577.jpg
なんなんこれ!?
パッケージが激変してるじゃありませんか!
d0093903_17014527.jpg
フルモデルチェンジどころじゃありません、全くの別物ですよ、別物。
謎のメタリックなグラデーションデザインが、妙に爽やかなスッキリ青空デザインに。
五目あんかけ焼きそばと冷やし素麺ぐらいのギャップがありますな、コレ。
d0093903_17014534.jpg
d0093903_17014640.jpg
成分は全く同じ。
用法も用量も同じ。
パッケージには小さくなって飲み易くなったとあるので開いてみる。
d0093903_17014670.jpg
ん?
d0093903_17014665.jpg
そんなに小さいか?
どうやら中身はマイナーチェンジって感じだね。
なんか妙に安心しました。
これが糖衣錠になってたり色がブルーになってたりした日にゃショックで悩んでしまうところでした。
ラムネみたいなころころ錠剤は健在で、一回りだけ小さくなった感じです。
効果は変わりませんでした。

慣れ親しんだものがある日突然変わってしまうというのは、こんな頭痛薬でも少なからぬ驚きをもたらせます。
仏教が説く無常ってのは「変わらないものはないんだよ」ということなのですが、こういうことも無常なんですね。
新ナロンエース。
制服が夏服になったみたいで、おっちゃんはレジに持っていくのがちょっとドキドキするよ(^_^;)
 
 
 



[PR]
by matta_no_komeya | 2017-04-17 16:56 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya