カテゴリ:山中ごと( 174 )

d0093903_837375.jpg

今朝8時のの東山。
「うーん・・・いい感じ」


d0093903_8375323.jpg

山の上には躍動する雲が。
「いや~素晴らしい」


そこから黒谷橋へ向かう小路は、この季節が最高の散歩道。
d0093903_8382242.jpg


西を向けば薬師山。
d0093903_8385099.jpg

日の出が遅い山中温泉は、お薬師さんから順々に明るくなるのです。
まだ暗い町並みから仰ぎ見る西の山。


見上げればお月さま。
d0093903_8391145.jpg




この街にはコンクリートジャングルなどありません。
刺激的なアミューズメントパークもありませんし、大きなショッピングモールもありません。
ですが、温泉があり四季を教えてくれる自然があります。
これは、どんなにお金を積んでも得られないものです。
小さな家が寄せ集まっている山中温泉旧町地区ですので、それぞれの家に庭などありません。
だけれども、ちょっと歩けば其処彼処に風情を見つけることができます。


そんなの当たり前だと思っていたから、特に気にも留めていなかった。
でも最近、それをすごくいいなと思うようになった。
年々その想いが強くなっている気がする。
d0093903_8411141.jpg

どこにでもあるような通り。
どこにでもあるような風景。
d0093903_8422648.jpg

ところがどっこい、ここにしかない。

 
 
 
 
 
 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-18 08:42 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)
今日も気持ちのいい秋晴れです♪
うろうろしたついでに写真を撮ってきました。

こおろぎ橋が綺麗なのは分かりきってるんだけど、やっぱ写真欲しいよなと思って近寄ったら、とても無理でした(^_^;)
周辺は観光客のみなさんでごった返しており、無粋になってもいけないので断念。
その代わりというか、対岸の無限庵に行ってみると程よく静かでした。
d0093903_15261581.jpg

そうなんよねー
見上げちゃうんよねー
カメラ向けちゃうんだよねー
プライバシー保護の意味もこめて写真を絵っぽく加工しました。

奥へ続く道に入って見上げるとこんな感じ。
d0093903_1527473.jpg

わーお  ですわ。

ぐるっと戻って芭蕉の館から湯の出町に抜ける裏通りを。
d0093903_15284684.jpg

なんとも鮮やかな紅葉です。
塀垣の向こうの真宗大谷派黒谷山燈明寺。
お寺のお庭なんですね。

他にもいろいろ綺麗なスポットがありますが、間近で見るといよいよ枯れかけてる。
今週末が散り際の美しさのピークになるように思います。
ですが天気によっては鮮やかな色彩が楽しめないので、お天気の日にはプチおでかけで山中温泉にこられてはいかがでしょう。

そして、温泉に入って、美味しいもの食べてってください。
たまにはホケーとしましょうや☆
 
 
 
 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-16 15:32 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

冨士見町通り、刷新!

山中で一番舗装が悪かったのは冨士見町だと思います。
消防団のポンプ車で走ると、後ろに捕まっている団員が落とされそうになりました。
手押し車(老人車)を頼りに歩いていると、高低差の激しい蒲鉾状の道路は容赦なく手押し車をエンゾに導きました。
融雪装置のセメントとアスファルトとの段差が激しく、自転車を転倒させるのに十分な悪路でした。

その冨士見町通りが、
総湯に向かうストレートストリートが、
とうとう全面舗装刷新!
d0093903_23342829.jpg

オールリニューアル!
新装開店!

これで手押し車が真っ直ぐ押せます。
関係各所の皆さん、本当にありがとうございます。

これで益々総湯へ急ぐ車のスピードが上がりそうで、ちょっと怖いですが、それにしても、綺麗な道路になりました。

惚れ惚れします(^^)

 
 
 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-15 23:36 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

今日は湯の本町de

山中温泉湯の本町でイベントです!
今年で三回目なんですが、内容盛り沢山で、かなりパワーアップしてます☆
d0093903_9205642.jpg

タヒチアンダンスもあります
にじっ子太鼓もあります石窯ピザまで来ます!
正午からでーす♪
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-13 07:36 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)
山中温泉総湯『菊乃湯』は最高に気持ちいウチの風呂です。


   すんません・・・自分んちに風呂がないので、そういうことにしています。
   勝手にウチの離れだという設定にして喜んでます(^_^;)

年に数回、その菊の湯に入れない日があります。
d0093903_22231177.jpg

メンテナンスじゃ仕方ありません。
まだまだずーっと温めてもらわないといけませんので、壊れちゃ困るんです。

12月7日は、入れませんので、お気を付けください。
寒い季節ですので、菊の湯の前まで行って「あれ?閉まってる???」ってなると余計に冷えてしまいます。

お気を付けください。

 
 
 
 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-11 22:25 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)
知り合いの某おっちゃんの誕生日の11月11日は、幻想的な夜明けで始まった!
d0093903_2175035.jpg

某おっちゃん、病気と仲良くしながら楽しくいこうね♪

夜の仕事を終えて帰宅すると、近所の紅葉がいい感じになってるじゃありませんか!
d0093903_2110626.jpg

ほうほう、これはこれは・・・
d0093903_21111161.jpg

d0093903_21113682.jpg

d0093903_21115029.jpg

d0093903_21121132.jpg

家のすぐ近所にこんな綺麗な景色があるなんて、贅沢な話だねぇ。
収入は少ないし、家もボロだけど、温泉があって自然が美しい環境に住めるって、やっぱいいもんです。
 そうは思わんかね諸君、と問い掛けたくなる枝っぷり。
 雲まで同じ角度で斜め上を向いている。この写真、なんか好き。
d0093903_2116862.jpg

午後に北國銀行に行った時にパチリ。芭蕉の館のお庭も今が見ごろっぽい!
d0093903_21172144.jpg

山中温泉は文字通り山にかこまれています。
それゆえ紅葉の見どころがとても多いです。
写真はありませんけど、文化会館横の児童館の紅葉も今が最高潮の美しさです。
文化会館のテラスに腰をかけて、持ってきたビールを飲むってのもオツかもしれませんな。
私はビールじゃなくてライフガードで、いやデカビタで、いやリアルゴールドで・・・
 
 
 
 
 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-11 21:20 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

朝のお薬師さん

雲一つない快晴となった11月5日の朝、
思うところあって、山中温泉の医王寺に行ってきました。
d0093903_20192154.jpg

東の空には日輪様が大光明を発しておられました。
眩いばかりの朝日に照らされる山中の街並み・・・
シャッターを切らずにはいられない風景です。


初代米八さんの歌声が流れる山門の向こうには紅葉が見えます。
d0093903_2024019.jpg

ああ、なんか、いい感じ。
d0093903_20243654.jpg


結局陽射しが強すぎて用事は成せませんでしたが、誰もいない境内をゆったり歩いてお参りするのは、何とも言えず気持ちのいいものです。

 
  
あ、明日は11月6日ですな。
 
大聖寺行かなきゃ。
 
 
 
 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-05 20:26 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)
ばるの細道のチケットは三枚セットです。
手持ちの残り二枚を持って山田食堂へ行ってきました。
このお店のスペシャルメニューは『牛すじ煮込み』!
d0093903_23245569.jpg

d0093903_23251411.jpg

ビールとセット、又は定食で、ってことなので、私は定食でいただきました。
だってビール飲めんし・・・

ま、あたりまえなんだけど、とても美味しゅうございました。
おでんとはまた違った薄味で、お肉の味がしっかりしていて何とも贅沢な一品。
お汁も飲んであっという間に完食です。
ゴチソウサマー(^^)
d0093903_2329172.jpg

さて、これで手持ちのチケットは消滅。
しかし、まだまだ続くばるの細道。
あと何回チケット買うことやら・・・
あ、そーや、次は嫁さんに買わせよう(^ー^)
 
 
 
 
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-04 23:31 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

文化祭 感想

 意気込んで臨んだ山中温泉合同文化祭でしたが、祝日の11月3日が悪天候ということも影響したのかもしれませんが、とてもいささか人出が少なかったようです。
私自身、ここ数年の文化祭に行ってなかったってのもありましたけど、いつの間にか寂しい行事になっていたようです。
なんとなく記憶にある山中の文化祭は、正面玄関に見事な菊の鉢植えが並んで、文化会館全体を大きく使って様々な展示があって、大ホールでは民謡の発表があったり子供たちの演芸があったりして、かなり大々的で賑やかなイベントだったんです。
まあだからと言って昔は良かった的な話をしたってどうしようもありません。
江沼郡時代を知る人も年々減っていきます。
街に活力を与えてくれる若者は平成生まれが中心になりつつあります。
加賀市との合併から10年。
私自身、合併前と合併後で、何がどう変わって何がどう良くなって何がどう悪くなったのかを把握できておりません。
もう50歳にもなったのだから、もっと視野を広く持って、行政の仕組みも理解して、広く遠くを見据えて行動すべきなのでしょうけど、どうにも性格が幼稚でいけません。
ですけど、様々な行事に活気が失われてしまったことを合併のせいにはしたくないのです。
思うところはいろいろありますけど、私たち住民の意識の仕方次第である程度はなんとかなるような気がします。
そのための町づくり協議会なのでしょうし、発足間もない山中の町づくりですので、まだ住民の意識が高まりにくいのも仕方ないことかなとも思います。

そして今回の文化祭です。
出展されている方の殆どがご高齢の方でした。
若い世代の出展が本当に少ない。
子供達による俳句や陶芸がとても良かった。
菊がなくなり演芸がなくなったけど、美術館のような雰囲気のいい中での展示は好印象でした。
あとはコンテンツです。
今回私は場違い感の強いコンテンツを出展させていただきました。
来場者は少なかったようですが、注目されていたそうです。
写真に収めて帰っていかれるかたもいたと聞きました。
手応えありです。

私が取り組んだのはイラストです。
絵画でもなければ版画でもありません。
学校の美術の時間では教えないものです。
ですが、現代の日本にあって、漫画・アニメ・イラストはちゃんとした文化として定着しています。
そう、文化なんです。
文化祭は芸術祭でなくていいんです。
趣味の祭典でいいんだと思うのです。

創作は発表しなければ命は吹き込まれません。
公衆の面前に晒し、評価されたり批判されたりして初めて完成するのだと思います。

イラストや漫画を創作している人って、案外いるんじゃないでしょうか?
山中中学校のポスターを見かけましたが、どう見たってその筋の趣味人が描いてますよね。
d0093903_2224522.jpg

中学生~高校生の頃って、こういうことに打ち込める時期ではないでしょうか。
私自身も高校時代に描き込んでた経験があったればこそ、今回の出展に繋がっているわけで、もしそのころに公衆の面前に晒す勇気があったら、少しは違う人生を歩んでいたかもしれないのです。

オワコンなどと揶揄される山中温泉合同文化祭。
引きこもりがちな趣味人が勇気を試すにはちょうどいいイベントだと思います。
ミリタリージオラマ
ガンプラ
フィギュア
イラスト
漫画
粘土細工(ネンドロイド含)
自主制作映画
コスプレ
ダンス
楽器演奏
等々・・・等々・・・

つまりは『やってみた』でいいんですよ。
歌ってみた、踊ってみた、吹いてみた、描いてみた、作ってみた
ドワンゴもいいけれど、山中の文化祭がそのノリで定着したら、かなり面白いイベントになる気がします。
元々山中温泉って独創的かつ創作的な気風が強い地域なはずです。
勇気ひとつで未来は変わる。

そう思えてなりません。


今回の文化祭で、最も私の心を掴んだのがこれです。
d0093903_22371476.jpg

ラッピング用のリボンで作られた金魚です。
作者不明なんですが、これが凄く懐かしい。

私が幼少の頃、米屋の横には、エチゴストアがあり、その隣にハシモトのオバチャンって方が住んでました。
早い段階でその家はなくなり山中ツアーホテルの一部になってしまいましたので、すっかりそのことを忘れていたのですが、この金魚を見て、その家のこと、オバチャンのことを思い出しました。
家が忙しかったのか、私は頻繁にこのオバチャンの家に遊びに行っておりました。
その家にこの金魚があったんです。
蛍光灯の紐に付けてあったような壁にかけてあったような、その辺はぼんやりしているのですが間違いなくそのオバチャンの手作りの金魚が飾ってあったんです。
ですので、私はそのオバチャンのことを「おととのオバチャン」と呼んでとても懐いていたそうです。
オバチャンは私のことを「つよしさん」と呼んでくれてたそうで、幼児を相手にさん付けで呼んでくれるその心根は、今思えば恐れ多く有り難いものであります。

私が潜在的に抱いている無常感は、もしかしたらこのおととのオバチャンの影響かもしれない。
 
 
 私が大きくなる前にこの世を去られたハシモトのオバちゃん、色々とありがとうございました。
 
 
 
 
  
[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-04 22:53 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

ばるの細道こと始め

d0093903_1121193.jpg

11月になりましたので、山中温泉の料飲組合の街バル「ばるの細道」がスタートしております。
魅力的なメニューか色々あって目移りしてしまいますが、先ずはいつもお世話になっている左らくさんへ行ってきました。
d0093903_15421400.jpg

海鮮米八巻き!

チケット3枚を2000円で購入して、その1枚と交換です。
テイクアウトして、一仕事終えて、いざ♪
d0093903_15445558.jpg

d0093903_15451295.jpg

いやはや、これは思ってたより美味いぞ(^ Q ^)
半分食べて包み直し。
あとの半分は嫁はんにとっておこう。


うふふ、次はどのお店に行こう♪



 

[PR]
by matta_no_komeya | 2016-11-02 15:38 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya