糠吹雪から糠吹雪Ⅱへ

d0093903_15501028.jpg
2006年9月の開設から11年と一ヶ月。
開設当初は米屋バリバリでやってましたし、このブログの記事にも米屋関連のものが沢山ありました。
月日が経ち、体が壊れ、米屋継続が困難となり、仕事を模索する日々となり、現在は米屋から完全に離れております。

それでもこのブログは自分史的な意味合いが濃いので継続しているわけで、そしてふとアカウントの文字が気になったのであります。
matta_no_komeya
長らくご愛顧いただいている名称そのものであります。
『まったの米屋』
店自体は細々と続いていますが、私が名乗っていいものじゃない。

ってわけで、この糠吹雪から一旦離れて、別アカウントで糠吹雪Ⅱを始めることにしました。
米屋から離れるなら糠吹雪ってタイトルもおかしいんちゃうか?と突っ込まれそうですが、すぐさま米屋を連想するものでもありませんし、
これはこれで愛着があるので継続です。

こっちはこっちで閉鎖するわけでもありませんし、自分で時々閲覧しにくるだろうと思います。
ですが新しい記事はⅡの方で上げていくと思います。

不定期更新の徒然ブログはなかなか閉店にならないのであります。
 
 
 



[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-10-28 15:51 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

9月最後の金曜日

コンビニで見つけてしまったこんなもの
d0093903_22090679.jpg
買おかやめよか迷うのわたし






謎肉の正体明かすパッケージ
d0093903_22090673.jpg
これじゃ恫喝ずるいなり






気がつけば家にあるのよこの二つ
d0093903_22090548.jpg
今すぐ食べよか迷うのわたし




 
 











[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-09-29 22:14 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

いきなり12℃って

d0093903_21491490.jpg
最高気温が25度前後で、夏服のまま半袖で快適だったのは昨日まで。
昨夜の雨が何かを連れてきたのか、今日は肌寒い一日となった。
最高気温19℃、今現在12.4℃。
10月下旬並みだそうだ。

徐々に満ちてきた月の光が夜の景色を寒々と照らします。
車には夜露が降り、いきなり運転すると危険だったりします。
急な気温低下も何かと危険です。

高齢者だけじゃなくて自分も用心しなきゃ。
 
 
 
 

[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-09-28 21:55 | 加賀ごと | Trackback | Comments(0)
こいこい祭二日目の9月23日は秋のお彼岸でもあるんです。
朝8時にミスドでドーナツ&コーヒーを楽しみ、イオンへお花を買いに行きました。
週明けの弁当のおかずを物色していたら柿の葉寿司の材料コーナーでギョッとしました。
d0093903_22401911.jpg
鮮魚コーナーだけにギョッとするのも無理はない。
いやはや、こんなところにまでコレが・・・

買ってきた菊を供えて仏壇参り。
これが私の9月23日の始まり方。

さて、9時を回ったころに東町一丁目の本陣を訪ね、昨日未訪問の非礼を詫び、談笑のひと時。
そして冨士見町本陣へ。
今年の初老みこしはスケジュール通りにきっちりサクサク巡行されていて、薬師町を通過する音であわてて焼き鳥を量産するのでありました。
そしてとうとうご到着♪
d0093903_22402002.jpg
d0093903_22402098.jpg
d0093903_22402012.jpg
血気盛んだった発足当時が思い出されて、なんかしみじみしちゃいました。
若者はオッサンになり、オッサンはじじいになっていく。
ああ、お祭りだなぁ・・・


一旦帰宅して防犯交通推進隊のコスプレをして湯の曲輪へ。
お!大獅子やん☆
d0093903_22402030.jpg
熱いPTA会長の後頭部をご覧ください。
右は大獅子世話人のあの人です。
d0093903_22402181.jpg
思ってたほど地味じゃないんだけど、常軌を逸したレベルは見えないのでOKOKな感じです。
いやはや、みんな可愛いわ。
近所のYちゃんがいたんだけど、大きなサンダルを履いてパジャマでうろうろしていた幼児時代が思い出されて、ここでもおっちゃんはしみじみしちゃうのです。
すっげー可愛いかったぜ、Yちゃん☆
d0093903_22402100.jpg
スマホも上手く利用するプロカメラマンM様!
そのスマホと顔の距離、老眼なんだなーと感じてしみじみしちゃうのです。
d0093903_22515561.jpg
「お疲れ様、体は大丈夫なのかい?」
「そーでもない」
みんなのアイドル鉄人Sちゃんが故障から戻りきれていなかった。そんな様子にしみじみ・・・

この後は若衆みこしに付いて回りました。
えっ!この子らが五五なの!? ということでしみじみしすぎるのです。

スケジュール厳守の今回、ちゃんと予定通りに戻ってきました。エライぞ!若衆!
d0093903_22515693.jpg
青年団による絡み獅子、の撮影をするプロカメラマンM氏。
d0093903_22515675.jpg
白山神社出張所で太鼓を打ち続けてくださった冨士見町のM氏!味わい深い写真になりました。

この後、推進隊のコスプレを脱いで、普段着であちこち。
そして初老の抽選会へ。
私は抽選箱に入れるのを忘れていたので当たる確立ゼロだったのですが、この時間に普通に見物客として湯の曲輪にいるなんてここ数年なかったことなので、じっくり見させていただきました。
すると、推進隊のおっちゃんが大きなテレビを当ててるではありませんか!!
d0093903_22515613.jpg
慌てて家族に電話して取りに来るのを待っているの図。
長年こいこい祭に奉仕し続けたご褒美と思えばこのくらいもらっても罰はあたらんでしょう(^_^;)
おめでとうございます☆


さて、初老のもち撒きが始まりました。
d0093903_23035162.jpg
問題です。
この中に体の大きなプロカメラマンM氏はどこにいるでしょう?





答え。
d0093903_22515560.jpg
何か特殊な訓練をされてきたのか、気配を消すのが上手すぎますm(__)m
d0093903_23024658.jpg
餅は飛びますどこまでも。


旧友来たりて雄飛会立ち寄り場でしみじみタイム~
d0093903_23024703.jpg
d0093903_23024665.jpg
はい、オッサン陳列罪でタイーホね。



そして始まる『山中節てんこもり』
d0093903_23024704.jpg
実行委員長の辻さんとプロカメラマンM氏!
d0093903_23024736.jpg

??
辻氏・・・何着てまんのん???
二木氏も・・・
d0093903_23024717.jpg
なんですのん?それっ???(・_・;)
あんたら、おっさんなんやから!
それ、完全に文化祭のノリやおまへんのん!!
d0093903_23024668.jpg
新山中節を女性が歌う。
これが今までなかったんだよね。
これ、いいですな。
d0093903_23131284.jpg
ステージにはキッズダンサー、前にはお手本となる新山中節の踊りを披露する女の子たち。
この人たちの踊りがスタンダードなんだなと思う。
この頃、湯の本町の露店の賑わいはこんな感じ。
d0093903_23131316.jpg
このもうちょっと奥に行くとすごい人だかり。
丁度人波が切れたタイミングで撮影。
そして再び山中座前へ。
d0093903_23131308.jpg
中学三年生による新山中節踊りフォーメーションの真っ最中でした。
櫓で踊るチームとステージで踊るチームが入れ替わり立ち代り。
男の子も女の子も破綻することなくやりきってました。えらいぞ!三年生!
d0093903_23131435.jpg
あ・・・・プロカメラマン発見。
d0093903_23131318.jpg
そのカメラと顔の距離が、否応なく、ろ、ろ、老眼で・・・しみじみ~~

次は芸妓さんによる正調山中節。
激しい新山中節の後なので、ひときわしっとりと美しくて実に良かった。
d0093903_23131404.jpg
お薬師の住職の進行で『みんなで歌おう山中節』
d0093903_23131594.jpg
歌詞を持ってるのはスーパーギタリストO氏と器用貧乏の会会長の二木氏。
手前に写ってる後頭部様は器用貧乏の会総統の日比野氏。
それを写している器用貧乏の会小間使いのわたし。

この後は再び新山中節となって、今年のこいこい祭はフィナーレへと向かっていったのであります。




終わってみて・・・
賑やかでした。
地元の人間が元気じゃないと観光地として落第だ、という言葉を聞いたことがあります。
山中節という全国に誇れる財産を、山中のみんなが自分たちの財産だと思える日が来るといいなと思いつつ、
様々な試行錯誤と段取りと練習と苦労と議論と論争とお願いと困惑と喜びと感動が伺い見えた今年のこいこい祭。
私自身は運営スタッフでもありませんし、実行委員会にも入っていませんので、その内情は知ることはできないですが、素直にお疲れ様でしたといいたいです。
何かしら手応えはあったでしょうし、次につながる光も見えたことでしょう。
ただ、「来年も新しいポスター頼むぞ」との勿体無い声に、素直に返事はできませんでした。
もう環境が違うんです。
多分、もう描けないと思うのです。
今の環境。
今の仕事。
これを続ける限り、無理なのです。

来年に向けて、ポスターコンペを企画するべきなのかもしれません。


 
 



[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-09-24 23:35 | 自分ごと | Trackback | Comments(1)
と言いつつ、仕事が休めない私でございました。
本陣の設営にも参加できず、申し訳ないの限りで、朝早くに自宅の榊を切って本陣設営場所に置いてくるのが精一杯でした。
d0093903_22473169.jpg
帰宅して、いそいそとお祭り騒ぎのど真ん中、湯の曲輪へ!
d0093903_22473091.jpg
湯立神楽の真っ最中でした。
このお神楽は6月の菖蒲湯祭りの時に長谷部神社で執り行われるのですが、参拝客もまばらで山中の多くの人が知らずにいたのです。
これをこいこい祭にもってきたのは素晴らしい☆
子供たちがお湯を浴びて寄ってくるのには笑いましたが、これはいい試みですわ~
d0093903_22472954.jpg
お神楽の後は輪踊りです。
こいこい祭といえばこの人、ムラタフォトスのムン様登場♪
いい写真を撮ってるムン様を撮るのが好きなマッタでした。
菊乃湯をはさんで一等地にででんとあるのが白山神社出張所!
d0093903_22472952.jpg
氏子さんたち、かっこよすぎるぜっ!

そして始まる新こいこい♪
d0093903_22473081.jpg
おお、なんか去年までみたいな洗濯機じゃないぞ!
中学生も落ち着いて、それでいて楽しげで、
五五のにいちゃんらもしっかり踊れて、浴衣の姐さんらも綺麗に踊って・・・すげーいいじゃん!
d0093903_22473077.jpg
これは益々明日の『山中節てんこ盛り』が楽しみになってきました。
d0093903_22473078.jpg
おおっと、イラストレーターMATTAの生みの親、ミスターSARAKUさんじゃおまへんか。
みんなお祭り大好きなのね~
明日は、晴れて欲しいな・・・


それはそうと・・・・
今朝の朝刊、びっくりしました。

まずは北國新聞
d0093903_22473247.jpg
d0093903_22473222.jpg
フツーにででーんと載ってるんでびっくりです。
更にキャラが分解されて単独で使われている・・・
データの状態で新聞社に渡ったのね!

もっと驚いたのが北陸中日新聞
d0093903_22473255.jpg
せっちゃんのスパッツが公開されてしまっているではありませんか!
こちらもデータで受け取ったようで、レイアウト変更までなされている!
これはこれで素敵、というか、どーしてもせっちゃんのスパッツを含めたかったんだろうなという意思を感じてしまう(笑)

なんだか、不思議。
そして、おもしろい。
いや、おもっしぇー☆☆☆
 
 
 



[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-09-22 23:07 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

こいこい祭 前夜

今日も仕事帰りに極上安楽処『菊乃湯』へ。

お!やぐらに幔幕!いいねぇ~
d0093903_22250639.jpg
初老本陣は既に楽しげな気配が漂ってたりします。
d0093903_22251410.jpg
交通規制は既に始まっていて、湯の出町はカナモリさんの角から入れなくて、湯の本町は屋台通りになるし、本町はつくしやさんの角から東町に折れるしかなくなるし、で、なかなかにややこしくなります。
車でお越しの際は、悪いことは言いません、健民体育館に駐車して無料シャトルバスで山中温泉バスターミナルまで運んでもらうのが一番です。
日頃使えるファミマ通りの駐車場はいっぱいというか通り抜けできないので使いようがないですし、温泉支所は関係者が使ってますし、菊乃湯横の無料駐車場は初老本陣になってますし、北國銀行へは車で辿りつけません。
きんしん、郵便局、北陸銀行も関係者で埋まりますので、本当に温泉街周辺に駐車場がないのです。
道の駅ここは山中に駐車して歩いて祭典エリアに来られる方が時々見られますが、片道20分はかかります(^_^;)
無料バスが最適であり最善であり最短だと思います。(10時~22時半の間、約20分間隔で運行)
路上駐車だけは勘弁してくださいm(__)m
d0093903_22252273.jpg
天気はどうやら大丈夫そう♪
老いも若きも男も女も、何はともあれ、湯の曲輪にこいこ~い☆
 
 
 



[PR]
# by matta_no_komeya | 2017-09-21 22:43 | 山中ごと | Trackback | Comments(0)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya