顔考

d0093903_22463540.png

私のような素人が人物画の練習をするとき、ついついやってしまうのが「顔」だけを描いてしまうことであります。

顔は表情の宝庫でありますし、可愛いとかカッコイイとかのパッと見のキャッチーさを出すのにとても有効ですから無理もないのかなとも思います。
漫画やアニメの好きなキャラクターを描こうとすると、どうしても顔の印象が強いので、顔ばかりを真似て書くことが多くなります。
私もそうでした。
結果として、全身を描いてみると実にバランスが悪い。
全身の骨格、特に手足の表情というものを蔑にしてきた(つもりはないのだが)ツケというかバチというか、まあそんなこんなで変な苦労をしているわけであります。
そのせいか分かりませんが、アニメや漫画の見方がちょっと変わってるみたいです。
特にアニメは最小限の線で描かれていますので、一本の線の説得力が絵描きさん(アニメーター)の画力を如実に表して、実に感動的なのであります。
勿論アニメですから動かし方こそ重要なのでしょうけれど、静止状態の説得力になんとも言えない魅力を感じてしまいます。
有名スタジオのシャフトさん制作の物語シリーズは好きでよく見ていたのですが、その中で「上手いなぁ」と感心したのが恋物語でのこのシーン。
d0093903_22474743.jpg

羽川翼が立って喋っている場面を天上辺りから見ているという構図。
これが、すげーなーと思った絵。
背景じゃありません。羽川さんの描き方が凄いんですよ。
凄いと言うか、本当に上手い。
やっぱプロって違うんだなーと痛感。
この場面はこれの他にもう一つだけポーズがあって、それがちょっと混じるだけで更にこの簡単な線に重みを感じることになります。
d0093903_22475326.jpg

人間ってただ立ってるんじゃないんですよ。
右足と左足のどちらかに重心を置いて、それを時々入れ替えて立っているんですよ。
両足に均等に体重をかけて立つなんてのは余程の緊張状態であって、普段通りの精神状態であれば大抵は左右交互に体重をかけて体をリラックスさせているものなんですよ。
この小さな絵には、それがちゃんと描かれている。
初対面であるところの詐欺師と対峙していながら、特に緊張もせず冷静に堂々と渡り合っている羽川さんの化物っぷりもちゃんと描いている。

二次元に描いたキャラクターに体重を感じさせる、ってのが本当に難しいんです。
この場面を描いたアニメーターさんがどこのどなたなのか特定はできていませんが、シャフトさんには凄腕の職人さんが数多くいらっしゃるのでしょう。
感服であり敬服でありますm(__)m

さてさて、
まぁ凄い人の凄い作品を堪能するという楽しみは大切にとっておいて、私は素人なりにストイックな向上心など持たずに、楽しくペンタブと戯れるしかないので、顔を描く楽しみに浸ることができます(開き直り)

そしていつも思うことなんですが、顔の表情って、眉毛ひとつでどうとでもなるんですよね。
表情というか感情表現というか、本当に不思議なくらい眉毛の影響が大きすぎると思います。
そして男女の描き分けは髪形でどうとでもなるんですよ。
例えば、これ↓
d0093903_22464731.png

無表情な少年っぽい。
これから髪の毛と眉毛を省くとこうなります↓
d0093903_22465344.png

下がった眉毛と長い髪を被せるだけで気弱な女の子っぽくなります↓
d0093903_2247460.png

眉毛を釣り上げれば怒ってるような表情になり、短いおかっぱで男女の区別が曖昧になります↓
d0093903_2247109.png

なんとなく線を足して目に光彩を入れると途端に表情がイキイキしてくるように思います↓
d0093903_22472153.png

意思の強そうな少年(少女)って感じでしょうか。
そしてこの子の眉毛だけを描き変えて下がり眉にするだけで、まるで性格が変わって見えます↓
d0093903_22472846.png

眉毛、恐るべし。


近頃ピクシブなんかを徘徊するようになりましたが、世の中、プロ級の腕前の素人絵師さんがうじゃうじゃいるんですねぇ。
中にはそうやっているうちにお仕事にありつけてプロになっていく方もおられるようで、それも当然だろうなというレベルなんだから、本当に凄い。
私は着物が好きなんですが、その柄を描くとなったら途端に目眩に襲われます。
ですが、世の絵師さんは、ちゃんと柄も小物も描いているんですよ。
本当に凄いと思います。
いつか腕前と根気が繋がったら、ちゃんとした和装を描いてみたいと思う夜でした。
d0093903_22473426.png

 
 
 
 
 
 
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://matta3.exblog.jp/tb/23768707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by matta_no_komeya | 2017-01-08 23:16 | 自分ごと | Trackback | Comments(0)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya