元々うちは

d0093903_22295377.jpg

左らくさんのお婆ちゃんの遺品の中に、古い古い冊子があったそうです。
その中にこんな広告があったんやけど、これ松田くんのお爺さんけ?
ってことで見せていただきました。

間違いございません。
松田正は我が祖父でございます。
そして、祖父はタクシー会社を経営しておりました。

馬車や運送業を経て、空前の繁栄を誇った時代の山中温泉で、それも駅前でのタクシーですから繁盛していたみたいです。
自動車そのものが珍しい時代でしたから、さぞカッコイイ職業だったことでしょう。

米屋はといいますと、この頃は本町の石川屋さんの隣でやってたそうですが詳しい情報は皆無です。
米屋は本家の家業で、うちは分家。
祖父の正は次男坊でしたから、所帯出として小さな家を間借りしながら頑張って生計を立てていたんですな。

まあそんな分家が何故に米屋をするようになったのか、なんて書き始めたら、陰鬱な小説が一本書けてしまいかねないので書きません。

釣りを教えてくれた記憶。
ロープウェイで水無山まで連れて行ってくれ一緒に凧揚げした記憶。
松任の病院まで行くと必ず餡ころ餅を買ってきてくれた記憶。

祖父の思い出はホッコリなものが多いです。


この広告は私が生まれる遥か以前のものですから、懐かしいとは思いませんが、凄く感慨深いものがあります。

左らくさん、わざわざ教えてくれてありがとうございましたm(_ _)m
[PR]
トラックバックURL : http://matta3.exblog.jp/tb/21710921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あさかわ at 2015-04-15 19:53 x
素晴らしいですね。こういう記録をちゃんと「○○文庫」という形でぜひ残してほしいですね。「さらく文庫」を山中図書館か山中座にどうですか。
しかしアールデコ?の建物とフォード車?が素敵!右の建物はもしかしたら今もある奴ですよね(元お土産屋)。

>繁栄

新家の全盛期に私の先祖も今の美川から来ました。その前はおごやにいたらしいです。
Commented by matta_no_komeya at 2015-04-15 23:06
加賀市全体の昔の写真を集めたものが以前どこかの新聞社だったかが編纂していたように思いますが、山中だけのものも作っておいた方がよさそうですね。
おっしゃる通り右の建物は今も健在なのです!
https://www.google.co.jp/maps/@36.249789,136.37484,3a,75y,216.85h,92.66t/data=!3m4!1e1!3m2!1sWMAWRbRtcTUahQoYPS4ozQ!2e0?hl=ja
山中温泉は原住民なぞ僅かでしょうし、それぞれがどこからやってきたんだと思います。
ウチのルーツはわかってないんですけどね(^_^;)
by matta_no_komeya | 2015-04-14 22:29 | 山中ごと | Trackback | Comments(2)

日々の出来事や思う事、感じた事を書き連ねてゆく自分史的徒然Weblogであります。


by matta_no_komeya